外食費の最高値を更新(>_<)

実はdaneko、先月7月に、

これまでのNZでの外食費の最高値を更新していた


で、ビンボーなdanekoのお財布は、ますます軽くなった


あのMasuでではない

が、


ひとり250ドル弱($・・)/~~~


という、あまりうれしくない金字塔を打ち建てたのだった


その中身は、

黒トリュフのコース料理 170ドル


それに、ふたりでボトルワインと泡2杯、

グラスワイン2杯で、

飲み物代=約160ドルという、


考えれば別にふつうなラインナップ(?_?)


え、どんなものを食べたかって??





トリュフコース   スペシャルデギュスタシオン

これも季節の特別コース






まずは、キャビアのアミューズから。




こちら、Cocoroでは、




お刺身の質量ともに抜きん出ている。


いつ行っても、とにかく種類が豊富、かつ、

ひとつひとつ丁寧に、仕事がほどこされている





これを見て、唸らない日本人はいないと思う。

お店は純ジャパニーズではないのだが、


まことシェフの魚へのこだわりは、普通ではない(ー_ー)!!




クエの白子蒸し

生臭さが全く無かった


さて、メイン~♪♪



そして、岩手県産黒毛和牛イチボのステーキ。

NZ産黒トリュフとビアンケットトリュフ添え


右に添えている、ニラもやし炒め様の付け合せが、

日本の美味し~い定食屋さんを彷彿とさせ、面白い



デザートは、






小梅と紫蘇のグラニタ

シャーベットですね。



別腹を持っていないdanekoは、遠慮させていただいたが、





ガナッシュ 塩キャラメルみたいです。


こちらはいただきました。


ハイ、これなら、170ドルでもお値打ちじゃないかと


イチボはサシがすごく、完食できなかったけど、

NZで食べる黒毛和牛もいい。。。


いやいや、書いていて、また食べたくなりました


最高値は更新したくないけれど


それにしても、このNZドル高と物価高で、

外食費がどんどん上がっていく感じ


しかし、オークランドでもトップクラスの店は、

どんどん日本レベルになってきていますね


Cocoro

56A Brown Street, Ponsonby, Auckland 09 360 0927

12 Noon to 2 PM, 5:30 PM to 10 PM (Tue-Sat),

Monday & Sunday Closed




【一日一ぽち。。。】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ フン、乾燥エサは10ドルもしないってのに(-_-)

by  しろねこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA