今夜は焼き鳥!と思ったら、Yakitori KEN(^^)v(^^)v

yakitori ken 201802 yaki onigiri

焼き鳥KENのいいところ。

 

1.場所がいい。クイーン・ストリートから徒歩圏。

2.お値段そんなに高くない。

3.気軽に行けて、好きなものだけ頼める。

4.〆がけっこう充実している。

5.寿司や刺身もあり、日本食レストランとしても使える。

 

などなど(^^)v

 

オーナーさんが変わったりで、

今やシティで行ける日本食がほとんどないdanekoたち、

(Masuくらいだけど、予約なしでは難しい)

 

いわゆる日本食レストランとはチョット違うのだが、

Yakitori KENは貴重なお店。

 

この日も、シティに買い物に行った帰り、

急に行きたくなって娘danekoを呼び出した。

 

たしかKENは午後6時からだったはず。

予約なしなので、早めに入店しなければ・・

 

とdanekoは坂道をおりて急いだ。

この頃シティ周辺で夕食を食べる時は、

 

早めの入店がキーワード(ー_ー)!!

最近は、予約を取らない店も増えているし、

席の半分位しか予約を取らない店もある。

 

どこの店も、予約客のために席を時間まで空けておくよりは、

ウォークインで詰めてガンガン回転させたほうがいいと。

 

そのほうが、高いテナント料を稼ぐには好都合ってね。

 

が、KENはきちんと予約も取れるのです。

もし、早い時間に入店ができないならば、

日にちに余裕を持って予約がオススメ♬

 

さて、カウンターに陣取ったdaneko、

なんか飲もうかと思ったが、何も聞かれない。

 

そうか、この店の客は、相方が来るまでは、

何も頼まないのだな、きっと・・・

 

と予想し、ムスメの到着を待って生ビールを。

珍しいことだが、この日は蒸し暑かったので、

 

danekoでも、とりあえずビール(^o^)

二口三口飲んで、残った分はムスメに押し付けた。

 

しかし、ムスメも最近はビール好きを卒業し、

泡の時代に入ってしまったので、

あまり喜んではいなかった。。。

 

さてさて、焼き鳥ですよ。

 

yakitori ken 201802 kushi combo

焼き鳥コンボ。 13ドル。

 

この、選りすぐりの5本で、

これから食べる串を決めるという狙いがある。

 

この日は、ステーキ(左端)がイマイチだったが、

牛タンが美味しかった(^^)

 

 

yakitori ken 201802 beef tongue

ので、牛タンおかわり♬  6.5ドル。

KENの焼き鳥は、2本組。

 

娘danekoと小競り合いにならないよう、

配分を決めなければならない。。。

 

 

yakitori ken 201802 broccoli

胡麻マヨ・ブロッコリ。 8.5ドル。

 

野菜メニューとしては、これが一番好きかな。

ブロッコリの茹で加減もいいし、

 

胡麻マヨという、ひねりもいい(^^)v

 

 

yakitori ken 201802 ingen maki

チョットひねりを入れて、

インゲン肉巻き。 5ドル。

 

でもこれは、意外とふつうでした。

日本みたいな薄切り豚肉が無いせいかな。。。

 

 

yakitori ken 201802 ebi pork

海老とポーク。 6ドル。

 

う〜ん、これ、旨いです(^o^)

海老のプリプリ感とポークの旨味。

 

もう一皿食べれそうだった。

 

 

yakitori ken 201802 yaki onigiri

焼きおにぎり。 8ドル。

 

いつものように、醤油だけで焼いてもらいました。

この日は店長さんが焼き場にいたのでラッキー(*^^*)

 

焼きおにぎりふつうは、

ちょっと甘い醤油ダレなんですが、

danekoは醤油だけで甘くないのが食べたいの(#^.^#)

 

 

yakitori ken 201802 ramen

最後の〆に、ラーメンを。 13ドル。

 

2人でシェアしてちょうどいい感じ♪

醤油と胡椒のあっさり味。

 

鶏肉は、ムスメが食べていました。

 

あ〜満足、満足。

オークランド・シティで焼き鳥なら、迷わずこちらに。

 

キウィにも、チャイニーズにも、アジアンにも大人気。

夜中の1時まで開いているのも頼もしい(^^♪

 

Yakitori Bar KEN

55 Anzac Ave, Auckland

 

【しろねこに、一日一ぽちm(_ _)m】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ムム、ワタシになんのお土産もないなんて(-_-メ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA