デザートとコーヒーだけでもOK♪ ご近所ビストロ、Le Chefの二次会使い(^^)v

dessert du pirate

何度か記事にしているシティのご近所ビストロ、Le Chef。

 

なかなか好きな食べ処だったのだが、

 

前回訪問時には、

蒸したアンコウがノリ弁のお魚フライに変わっていて

びっくり(@_@)

 

そのまま少し遠ざかっていたのであった。。

 

しかし、界隈を歩く観光客には大人気。

そして、フランス人の入店も多い。

 

いまやオークランドにはフランス人がかなり多いゾ。。

そしてフランス系のお店も増えてきている。

 

物価高で仕事のないフランスよりずっといいんだと、

お店のオニーチャンも言っていた(彼はパリからだって)

 

 

グラスのスパークリングとフラットホワイト

フランスのスパークリング・ワインとフラットホワイト。

 

遅い時間だったので、

「デザートとコーヒーだけなんだけど」と断って入店。

 

全然OKであった♪

 

スパークリング 12ドルは、まあまあこの界隈では普通として、

この大盛りのフラットホワイトが3ドルとは安い。

 

しかし珈琲通の同行者は、シングルショットじゃないかと見抜く(^_^;)

薄めの軽めの珈琲好きにはいいだろうとのことだった。

 

メニューには、おフランス語が並ぶ。

キウィや英語圏からの観光客を煙に巻くシステムだ。

 

もしも、オークランドの日本食や居酒屋で

日本語メニューしかなかったとしたら・・

 

ガイジン客は誰も来なくなるだろうな。。。

やっぱおフランス語はいいなあ(-_-)

 

で、デセールなんだけど、こちらでは、

以前2度ほど食べたチョコレートのが良かった。

 

で、そのメニューを迷わずお願いする。

 

 

dessert du pirate

Dessert du Pirate  17ドル

 

チョコレートの球になったものに、熱々のチョコレート・ソースを掛け、

崩して溶かすチョコレート・ボム系だ。

 

でも、あれあれ? 以前と違うじゃないか。。。

お店の人に聞くと、ずっとこれだと言うので

 

???と思って聞いてみたら、

 

昨年11月に店に入ったんだって(-_-;)

そんな最近だったら変わってないって・・

 

「ここはずっとこれだよ!」なんて言わないで欲しい。

いくらフランス人でも/(^o^)\

 

え〜っと、以前の写真、あったかな

あった、あった。

 

Before

 

2015年の記事でしたね。。

 

フルーツとチョコケーキが消えている。

デコレーションもだいぶ手抜きでは(?_?)

 

あれから時は経ち、Le Chefは変わった。。。

 

店が悪いのか、お客が悪いのかdanekoにはわからないけど、

初心を通してほしかったなあ・・

 

あ、いやそれでも、今のバージョンも美味しいですよ。

チョコレートが本格派だしね。

甘いだけじゃない、濃いヨーロッパのチョコだ。

 

そして・・

フルーツがアイスに化けて、よりキウィの皆さん好みに(^_^;)

 

Le Chef ・おフランス語満載のメニューはこちら

 

Le Chef

13 O’Connell St, Auckland

 

【しろねこにも応援ぽちを】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

チョット、フルーツなんて要らないのヨ(ー_ー)!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA