オークランドのベスト・NEW・レストラン2017に行ってみて驚いた・Pasture(@_@)・前編

pasture chef ed

4月の終わり、

danekoは日本の知人から情報を得て、ここを訪問していた。

 

そのレストランが、Metro誌の選ぶ、

オークランドのベスト・NEW・レストラン2017

 

だったとは、全く知らず。。。偶然。

その店、ジャンル分けが難しく、この駄ブログでは

 

「洋食系&キウィフード」の中の

フレンチorフレンチフュージョン でもなく、

イタリアンorイタリアンフュージョン でもないので、

 

しかたなく、「その他」に分類した。

次回訪問したら、オーナーシェフに聞いてみようっと

(また行くつもり♪)

 

気に入ったか、気に入らないか・・と聞かれれば、

どちらとも言える。

 

料理の中のあるものはとても気に入ったし、

まだまだのものも、一杯あった。

 

でも、シェフの「まだまだこれから、勉強しないと」

という謙虚な言葉の前には、応援したいと思ってしまう(^^)

 

ドリンクのマッチング、これは好みが分かれる。

danekoは好みではなかった。

 

ナチュラル・ワインだらけの不思議なマッチング。

知ってるグラスワインを飲んだほうがよかったのかも(^_^;)

 

あ、引っ張っててゴメンナサイm(_ _)m

で、お店の名前ですよね。

 

pasture sign

パーネルの小径、パーネル・ビレッジにある看板。

 

おや、いつの間にか、Elephant Walkなんて名がついている。

danekoが好きなタイレストラン、Blue Elephantがあるためか・・

 

pasture entrance

Pasture の入口。

ひっそりとしています。

 

この日は午後6時の予約しか取れず、バタバタして到着。

 

 

pasture flame

シェフズ・テーブル、つまりカウンターが一番オススメの席(^^)

 

こちらに座ると、炎が上がるオーブンと、

吊るされた肉たちがまず目につく。

 

ウッディな北欧風のインテリアは、

シェフが修行してきた北欧の店のテイストなのだろうな。

 

pasture wine1

ワイン・マッチングは不思議なワインから始まった。

 

ソーヴィニヨンブランだという説明だが、

味わいがまったく違う・・

 

danekoは戸惑った。

ワインのことで戸惑うことなんかめずらしいけど、

 

このワインは・・と困っていたところ、

 

pasture panchetta

自家製のパンチェッタがやってきて、ひと安心。

 

指で巻いて食べると美味しい!

日本のと同じ、オシボリも出てくる♪

 

よかった。料理は、食べれそう。。

 

pasture eel

炭火で火入れした鰻。 下にはスープが。

 

味は典型的なNZウナギである。

スープはちょっと味がゆるく、これはまだ完成途上か(?_?)

 

pasture food

これ、なんだっけ? あ、キャベツだ。

水分抜いて乾燥させてからパリパリに焼き上げている。

 

不思議だなあ〜、こんなものを、

オークランドで食べている自分が。

 

pasture bread

次にやって来たお弁当包みは、サワドゥ・ブレッド。

熟成させたバターは、チーズの香りがする。

 

娘danekoはバターが気に入ったようだった。

 

pasture wine2

またまた、不思議なワイン。

ナチュラルにこだわったラインナップなので、

 

いわゆるワインを思い浮かべていると裏切られる。

danekoは・・次回はグラスワインでいいや(^_^;)

 

 

pasture chef ed

オーナーシェフの、エド。

 

10年前は吉祥寺に住んでいたそうで、大変な日本びいき。

danekoたちも大事にしてくれたゾ(^^)v

 

あ、紹介者の名前を言ったのもあるのかも・・

 

料理に日本の発酵や保存食の方法論が使われており、

しかしそれは日本人にとってはそんなに珍しいものではない。

 

 

pasture celeliac

セルリアック(セロリの根っこ)とレモンのスライス。

ミルクのスープは出汁が取られていて美味しい!

 

ちょこんとアクセントになってるオリーブオイルも上質で、

セルリアックとレモンを半分にナイフで切り分けながら、

 

ゆっくりと、スープとともに味わって、シアワセだった。

 

pasture wine3

さあまた、不思議なワイン登場。

 

濁っているのは、フィルターを掛けないから。

ナチュラル・ワインはフィルターを掛けずに沈殿物もそのまま味わいます。

 

透明感のあるワインのほうがロマンチックだけどな(^_^;)

 

と、いうわけで、Pastureワールドはまだまだ続く。。

 

でも、こんな店に行きたいオークランダーって、

どのくらい居るものだろう??

 

このコース、まだ半分だけど、140ドルです(@_@)

ワイン・マッチングは65ドルだから、1食で200ドル超え。

 

これまでのところ、ちっともおナカに貯まらないディナーだが、

はたしてdanekoたち、後半戦でお腹いっぱいになるのだろうか・・

 

後編に続く・・

 

Pasture

235 Parnell Rd, Parnell, Auckland

 

【しろねこにも応援ぽちをm(_ _)m】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

あの火でネズミを焼きたいワネ(うっとり♪)

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA