クイーンズタウンの有名店でドン引かれ 終盤編2

注文した料理が、ばりばりダメ出ししたくなるようなレベルだった時、

客はどのように店に伝えればいいのだろうか


danekoはなけなしのアタマで考えた


そうだ、作ったシェフにこの料理を食べてもらえばいいのだ


その上で、当のシェフが、これが正にウチのfeastだと言えば、

もうそのシェフはRata のレベルに値しない、ニュージーランドによくいる

「自分はデキる」アピールがやたらと強い人間かもしれない


しかし、まともなシェフであれば、これを食べてみて、

この料理に100ドルの値付けをしていいかどうか、

分かろうものではないか


danekoは、女にいってみた。


これを作った人間に、この料理を食べてもらって。

その上で、これが本当に間違いなくfeastなのか、聞いて来て


これが、店と料理人のレベルを測る一石二鳥の方法であろう(^_-)


女はそれを受けて、いったん引き下がった。


さあ、鬼が出るか、蛇が出るか?


danekoはワインを飲みつつ、返事を待った。


マネージャ女は戻って来て、


この料理を作り直そうかと言う


danekoたちは、顔を見合わせ、日本語で相談する。


どうする?

作り直させたら、素晴らしい料理が出てくるのか⁇

(それも40分後に?)


いやいや、作り直させて、似たり寄ったりのものが出て来たら、

そしてそれをまた再度拒絶したりしたら、

なんだかすごく気まずいではないか。


もう充分に気まずいけどね。。。


まさか、


店の奥には、未調理の素晴らしいワカヌイ•ビーフがあるのだろうか


まさか。。。


今日は日曜日。

肉屋も閉まっていたのではないだろうか⁈

熟成肉ってほどではなかったし…


danekoたちは、作り直しに関しては、ほぼ絶望視していた


マネージャ女は、


それとも他のものを食べたいのか、

オーダーを変更し、作り直そうか
と言う


danekoは「チガーウ!!!


と大きな声で叫びたかった。

だいたい、

このやり取りには、なにか決定的に大切なものが欠落している。

それがなんなのか、danekoにはすぐにわからなかった。


しかし、それは、ニュージーランドの最大の欠点とも言える、

よくありがちな間違った方向性に対しての、

danekoの積み重なった憤りであったのだ


(続く。。。)



【ぽちありがとう】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

テレビに出てる人の店だからってね。。。ミーハーなのね、daneko。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA