クイーンズタウンの有名店でドン引かれ ドン引かれ編

マネージャ女は料理を作り直すか、

他のものにオーダー替えをと言っている


しかし、彼女はdanekoの質問に答えてはいなかった。


danekoは、

この料理のクォリティがいつものfeastなのかを知りたかった


たまたま、トップシェフが休みとか、

ま、Josh Emett はどうせ店にいないだろうが


日曜で、早く仕事終えて帰りたいから、テキトーに調理したのか、


理由はどうせdanekoなんぞには分かるまいが、

ちょっとでもデフォルトを知る手がかりがあれば良い。


そうでないと、作り直しって、何をどうよくするするのかわからない


danekoは女に、


まず質問に答えて欲しいと頼んだ


この肉の質は店側としてどうなのか

この火入れで、注文通りの焼き加減なのか(んなわけないが)


その答えを聞かないと、次のアクションは決まらない。


それでなくっても、

はるばるクイーンズタウンまでやって来て、

Rataで食べるのを楽しみにしていたのだ。


前菜のツナの出来もイマイチだったし、

ハムカツ•コロッケも疑問符だらけだし、

どうも今夜の料理は精彩を欠く。


そんなこんな、正直な感想ぶちまけていると、

こんな料理を100ドルで食べさせられようとしている、

自分自身が可哀想になってきて、danekoは思わず涙目になった


で、ちょっとしどろもどろになったので、

女が「え?」と首をかしげると、

娘danekoが助け舟を出した


この肉は外側はovercookedなのに、

中心部は肉汁がしたたっている、

おまけにsmellyだと。


女はそれに応えず、

• 作り直すのか、

• 別のものをオーダーするのか、

決めてくれと言うのみだ。


これを作った人間に、とにかく聞いてきてくれと、

danekoも譲らなかった。


この店側の対応は、ただの「はぐらかし」である

今のところ、全く誠意を感じない。

マネージャ女は、仕方なくいったんテーブルを離れた。


しかし、danekoたちのテーブルで何かが起こっていることは、

もともとオープンな造りの店内には丸わかり


おりしも午後8時半を回っており、

半分くらいの客が帰っていたが

(日曜夜は早い印象だ)


店のスタッフ達は、ただならぬ雰囲気を察し、

danekoたちのテーブルから3メートル以内の空間を避けて通っているから、

立ち入り禁止エリアがdanekoたちの周りにできているようだった


うわ~、、

クイーンズタウンのRata でドン引かれ


これはもう、ちょいモメどころのレベルではない。


しかし、店内でスタッフにハブかれたからといって、

別にかまわん。


この顛末に、落とし所を付けなければ、

せっかく勇気を出してクレームをつけた意味がないではないか


そこに、あのちょっと空気読めない系の、

おフランス人がやってきて、

重大な事実を告げたのであった


(続く)


【ぽちさんくす~♩】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ん? NZ流よくあるホスピタリティじゃない〜??

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA