クイーンズタウンの有名店でドン引かれ(>_<) 終盤編

  クイーンズタウンの有名レストラン、Rata Diningで、

とんでもない100ドルの皿を出されたdanekoたち、


danekoは、この料理の支払いはしないゾ、

と決めたのであった[emoji:v-293]


自分がオーダーした料理の支払いを拒絶するなど、

いくらdanekoとて、滅多にあることではない[emoji:v-393]


が、今回は、

• 肉質が悪い。臭いすらする。

• 火加減がデタラメ[emoji:v-359]

と、この店の看板料理にあるまじき事態、


danekoたちがナイフとフォークを置いて、

ひそひそと話していると、

例のおフランス人がやって来て、


Is everything all right?


とお決まりのセリフ。

これは、ニュージーランドではもはやお題目である。


が、danekoは、


Can I be really honest about your food?

と、ことわった。

答えはもちろん、Yes


で、目の前にあるこれが本当にfeastなのかと、

嫌味を込めて言ったのだ。


が、おフランス人にはその嫌味が通じない。。。

danekoの質問の真意がわからず、キョトンとしている。


やれやれ、よくもこんなレベルのスタッフを採用したものだ[emoji:v-355]


お面が良ければあとはOK、と、

おバカな人事担当者が採用したのだろう[emoji:v-217]


そこでdanekoは、肉の質がひどく、匂いがすることを告げた。

彼女は、マネージャを呼んでくると言って、

顔色を変えて立ち去った[emoji:v-430]


一切の謝罪も説明も無し。

アジア人でなくったって、呆れるサービスである。


テーブルに、女性のマネージャがやって来た。

最初にdanekoたちをテーブルに案内した人間だ。

特に悪い印象はなかったのだが、


どうしましたか?


と聞いて来たので、

この肉の質はひどい、ともう一度繰り返し、

これが本当にfeastのデフォルトの肉なのか、

調理したシェフに聞いてみてくれと告げた。


女は、これが間違いなく私どものfeastだと主張する[emoji:v-11]


こんなパサパサのワカヌイビーフ、食べたこともない。

肉汁が無残に染み出してしまっているせいか、

皿には薄い血の色の液体が、パイ皮にも染み込んで、

妙な効果を演出しているではないか[emoji:v-17]


肉料理のパイ皮包みは難易度が高い、と思う。

肉の火入れとパイ皮の仕上がりをジャストミートさせなければいけないし、

なんで腕以上のことをやろうとしたのだろう。。。


さあ、戦いの幕は上がった[emoji:v-41]

作ったシェフが登場するのか、

女は、謝るのか、


クイーンズタウン•ワカヌイビーフ冬の陣?


(続く)



【しろねこぽちして~】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

アラ、daneko、クレーマーね。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA