ニュージーランドで、今一番ホットなレストランは!

ahi 202106 food2


いやいやいや、驚いた。驚きました!

なんというのだろう、この高揚感。


オークランドでいうならば、

AMANOとかBaduzziあたりを発見したときみたいな。


2021年。

そんな大発見的な訪問であった。

誘ってくれた友人に感謝感激(^o^)


え? アマノやバズッチを知らない?


という方は、過去記事なんぞをどうぞ(^_-)






おまけに、

AMANOやBaduzziに無いものが、この店にはある!


それは・・




ahi 202106 dining
海だ。海が見えるのだ。

最高じゃないですか?


などと言いつつ、ウォークインで潜り込んだdanekoたち。

もちろん海側の席など予約で一杯。


そこで、人気のあまりないらしい、

キッチン・カウンターに座ったのだが、




ahi 202106 counter2
いやいや、ここ、いいじゃないですか(^^)v

店のオペレーションが丸見え。


danekoにとっては海よりもときめくシートであった。

海側の席は、この店をもっと知ってからでもよい。




ahi 202106 meeting
絶賛ミーティングちゅう。真剣です。

時は、午後5時45分。


この店の夜メニューはこれから始まるのである(ー_ー)!!


左のシェフがこの日の一番エラい人。

というのがすぐわかる。


でも、danekoは知っていたのだ。

この店のエグゼクティブ・シェフは、Ben Bayly。


あの、Groveや上記のBazzuciの、

シェフでもあったベンなのだ。


この日、ベンの姿は見えなかった。

もしかして、プロデュースだけなのかな。




ahi 202106 food
お料理も新感覚。

ジャンル的には何といっていいかわからないが、


ニュージーランドの食材を厳選し、

彼なりのポリシーで料理しているのだろう。


店名含め、くわしくは、明日の記事で。


なにしろ写真15枚をアップ予定。

いつもの記事より時間がかかりそうなのだ。


本日は、ワイン・テイスティングの準備で忙しい(^_^;)


これにて失礼いたします。。。


【しろねこにも応援ポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
チョット、こんな腰砕けな記事じゃ、バナー出演のバイト代が(-_-メ)


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA