絶滅の危機・イエローペンギンは孤独がお好き(^_^;)

イエローアイドペンギン。ダニーデン近郊のオタゴ半島で、野生のペンギンが観測できます。

絶滅危惧種、イエローアイドペンギン。


目が黄色いから付けられたこの名前、


ちょっと見は怖い顔なのだが、

実はすごく怖がりのペンギンさん





この日は天気が悪い

雨こそ降っていないが・・・






お天気なら、どんなに美しい海だろうか


しかし、ペンギンを見るのには、

お天気がパッキーンと好くないのがよかった


結果的に、数多くのペンギンを見たことは、

昨日のブログでご紹介済み。





さあ、イエローアイドペンギンツアー、始まり、始まり。


このお兄さんがガイド。

オタゴ半島出身という、モロ地元


リンカーン大学出身だそうです。


最初に、イエローアイドペンギンの生態などをお勉強。






そして、注意事項を申し渡される

ペンギンを驚かさないこと


フラッシュをたかないこと


赤外線などもダメよ。


おしゃべりも控えてね、と。






さあいよいよ、ペンギン見学用シェルターへ出発。


この土地は実は個人所有なんだそうで、

これ、地主さんが自前で作ったそうです。 DIYハンパないな~。。


すごいですよ、実際見ると。





狭~いトンネルを抜けて、


なにしろイエローアイドペンギンは群れをなさないので、

家族単位の単独行動。


個体確認は難しいのだ。





アッ!さっそく!!


草むらに作られたハウスの中にいます。


白いお腹しか見えないけど、

卵を抱えて温めているそう






こちら、はぐれペンギンさん

ツガイになれなかった、寂しいペンギンだそうです


ガイドのおにーちゃんに、


You can’t find him a girlfriend?


と聞いてみたけど、

そういう人為的なことはしないんだって


まあ、あくまで野生ですからね。






あ、海岸に泳ぎ着いたペンギンも。


豆つぶみたいですみませんm(_ _)m

でも実際は双眼鏡で見ていたので、

感激モノでした






本当に、一匹オオカミ、じゃない一匹ペンギンです。

手を広げてカワイイな。。。


今日は画像を目一杯大きくしてみました


さあ、このあとは、





アルバトロス=アホウドリを見て、


(あまりに飛ぶのが早くて写真撮れない)





あんまり美味しくないスープでも食べて・・

(ビヤホールでソーセージ食べてきてよかった)


なんかひもじいので、

ペンギンの気持ちがチョットだけわかったかも。。。



時系列が逆だけど、この後が、

ブルーペンギンツアーだったのでした。


ダニーデン、ほんと野生動物だらけです



【ぽちありがとうm(__)m】 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ワタシだって、もと野生。。。(^_^;)

(ノラでしょ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA