カフェでなくてもカフェ・ハノイ。。。

 

だいたい、オークランドの食べ処、

テキトーなネーミングが多いゾ(~_~メ)

 

フレンチカフェなんかも100%カフェじゃないし、

汚い中華屋さんでもカフェ・なんちゃらってのがたくさんあるしね。

 

なんか、

なんでもかんでも「カフェ」ってつければいいって思ってる!?

 

まあ、いいや・・(-_-;)

 

とにかく、カフェ・ハノイはカフェではない。

ベトナミーズのフュージョンの店だ。

 

店側は、

本格的なベトナム料理だというかもしれないが、

danekoはここはフュージョン入ってると思う。

 

cafe hanoi 201804 interior

相変わらず、お洒落な店内。

本当に、久しぶりだ(^o^)

 

ココ最近は、郊外のベトナミーズに夢中で、

カフェ・ハノイのことを忘れていたなあ。。

 

新しい店がどんどんオープンして、

トレンドを追いかけるのに夢中だったかも。

 

cafe hanoi 201804 cava wine

3人なので、スペインの泡、カヴァをボトルで。

 

こちらのワインリストは、まあまあかな~(^_^;)

お値打ちとは言えない。

 

そして、ベトナム料理の定番、

 

cafe hanoi 201804 spring rolls

生春巻きを。

お味は・・ふつうだった。

 

鶏肉が臭いとかいうことはなかったけど、

影の薄い料理である。

 

cafe hanoi 201804 fried tofu

こちら、

揚げ豆腐をベトナム風の調味料で炒め和えたもの。

 

まあ、ふつうに美味しい。

 

おかしいなあ~。

以前はもっと感激しながら食べてたんだけど。

 

daneko、

ベトナム料理の閾値が上がったのだろうか(?_?)

 

cafe hanoi 201804 green papaya salad

グリーン・パパイヤのサラダ。

 

これも、Saanのほうがずっと美味しい。

と、いってもSaanは同系列の経営だけど(^_^;)

 

ここ、カフェ・ハノイもSaanも、

そして向かいのシュシュ・ダンプリングも、

 

コメンサ・グループという資本。

ベトナムとタイに絞って出店していますね。

 

ベトナムやタイは生で供する食材が少ないから、

経費がかからなくていいのかも・・

 

あ、生物が少ないとはいえ、

季節の生牡蠣なんかはやっていますよ(^^)v

 

cafe hanoi 201804 glass noodles

グラスヌードル。

炒めた春雨と野菜。

 

これなんかも、原価は安そうだな。。。

お味は、安定の美味しさだけど♬

 

cafe hanoi 201804 crispy shrimp

海老の揚げ物。

 

クリスピー・シュリンプなんちゃら。

実はこの日、これが一番美味しかった。

 

エビはたっぷりとあり、

ココナッツクリームが入ったスイートチリを付けて食べる。

 

これはシアワセになれる一品。

最後に、ここでマストのメイン。

 

cafe hanoi 201804 bun char

ブン・チャ という料理。

 

豚肉を炭火で焼いてあって、

その焼きトンのような風味にいつもトロンとなる。

 

韓国のプルコギみたいに、

レタスに肉を巻いて食べると、

油切れがよく、もっと美味しい。

 

カフェでなくてもカフェ・ハノイ。

 

大人数のグループ以外は、

予約を取らない店なので、

早めの時間に入店するといいですよ。

 

オークランドのベトナミーズも競争が激しい昨今だが、

こういうお洒落フュージョン系のベトナミーズでは、

いまだに最高峰なのではないかな。。。

 

Cafe Hanoi

Excelsior Building Galway Street & Commerce Street,
Britomart, Auckland

 

【しろねこにも応援ポチを♬】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ナニよ、カフェでなくてもなんでも、

美味しければいいでしょ(-_-メ)

関連記事