弱者の経営戦略

今日は、ランチェスター経営の創始者である、竹田先生のセミナーにお声かけいただいていた。

タイトルが、「弱者の経営戦略」


中小零細企業にフォーカスしているのでありがたい


男性参加者が、9割くらいを占めていて、硬派な雰囲気


2時間にわたる先生のお話は、ランチェスター弱者の戦略をおさらいしつつ

そこここに新しい情報が入り混じる。


福岡の有名企業の経営手法、経営状態、

なぜ××クロキは倒産したのか・・・などなど、具体性有りまくり

I屋はなぜ経営破たんしたか、とか、

I屋にしろT屋にしろ、

3代目は社長の役割が分からずに、会社をつぶす例が非常に多いとか




思うに、会社が生成発展し、ひととき、この世の春を謳歌したとしても

次世代に引き継いで会社を維持することさえ難しい。

頭のいい、行動力のある社長でも、会社をつぶしているし^^;


まして昨今のわけわからない経済情勢では

生きているだけでリスクよ~



danekoは、やっぱり、ほそぼそとやっていこうっと。。


拡大路線や、やたらな業務拡張を考えず

もう一度、足元の戦略から見直そうと思ったのでした。



こうした講演会や勉強会に出ると、やらなきゃいけないこと、

懸念していた問題の打開策などが、ポンポンと浮かんでくる。



danekoは必ずしも、講師のお話に集中しているのではなく、

講師の話を、自分の会社のことに置き換えつつ、ブレインストームしている感じ


これが、danekoを普段の思考の縛りから開放してくれて

妙に良い考えが浮かぶの



お誘いくださったI先生はじめ、久しぶりにN先生にもお目にかかれ、

困っていた件について、O社長と直接お話できて、これまた進展

仕事の日程を調整して参加した甲斐があった

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA