運命の分かれ道(>_<)

なんとなんと、

本当に久しぶりに、名古屋在住の友人と会うことになった


むかしむかしのママ友同志

年賀状のやり取りだけは欠かさずにしていてよかった~(*^_^*)


001+1_20101207225939.jpg

まずは、百道浜へ。


今日はとってもいいお天気

002+1_20101207225939.jpg

danekoお気に入りのビーチ


人工浜ですが、このマリゾン近辺の海岸は、

日本ではないみたいで、大好きです


003+1_20101207225939.jpg

結婚式場のよう・・・

通りがかりの人に、写真を撮ってもらいます。


そのあと、行こうと思っていたお店がお休み(月曜休)だったので、

桜坂のメゾン・ド・ヨシダへ。

ここの一階、「パニエ・ド・ニーム」は、なぜかリゾート感が漂っていて、

まったり平日ランチをするのにはいいかと。




005+1_20101207225939.jpg

さつまいものクリームスープ。

あまり甘くなくてGOOD

さつまいもの割には、あっさり


006+1_20101207225938.jpg

煮込みハンバーグ。

お友達の分です。


007+1_20101207230039.jpg

danekoの、シーフードのニューバーグ・ソース

バターライス添え。

こちら、なかなかおいしかった

洋食系煮込みがここの得意技でしょうか?


008+1_20101207230038.jpg

デザート

お喋りに夢中で、なんかわからないけど、おいしかった。。。

甘酸っぱくて、軽い口当たりです。


お喋りの中で、彼女がいまゴルフに熱中していると


danekoも10年ほど前に始めたゴルフであったが、

あまりの才能のなさ、そして、

いくらコースをまわっても、ちっとも面白くないのに幻滅し、

やめてしまったのだった


100を切ったことが、何回かあるという程度だった。

彼女はゴルフがとっても楽しい様子

どうもそれは、プロのレッスンが効いているらしい。。。

danekoだって、プロのレッスンは毎週のようにやっていたのに・・・


さらに聞くと、彼女のプロは、35歳独身♂なのだそうだ。

さらに彼女にとっても親切にしてくれると

「へええ。。その彼ってかっこいいの?」と聞くと、

「やっぱりプロだけあって、コースじゃあ別人よ」

とのことだった。


なるほど。。。


danekoのKプロも親切には親切だったが・・・

彼は   そう、


ただのおぢさんだったの

ああ、それでdanekoはゴルフ上手くならなかったのね

いまごろわかったこの真実


しかし、過ぎ去ったゴルフの日々に愕然としているdanekoに、彼女は言った。

「でもね~ コースまわり終えて、食事してるときとかは、もう別人じゃないから、コースでだけ見ていて食事は一緒にしない方がいいのかも。」

と、冷静に分析していた


う~む。♂は自分のフィールドのみで勝負せよ!ということか

相撲取りは土俵での自分。

整備士は整備している自分。

雀士なら、麻雀している自分。

そんないいとこだけを女性に見せていればいいと

これは、ポイントですね



にしても、danekoもカッコいいプロにレッスンしてもらっていれば、

はりきって練習もし、はりきってコースにも出て、

いまごろは、彼女のように90台前半とかで回っていたのかもしれない。


おぢさんプロゴルファーのレッスンが、運命の分かれ道

もうdanekoのゴルフ人生はとっくに終わっている


後に残ったゴルフクラブのセット(フルで3セットほど)、

街では絶対に着れないゴルフウェアの山


おぢさんプロゴルファーは、danekoの人生に

山ほど無駄を作って去った

(というか、danekoが勝手にゴルフ止めたんだけど)


ゴルフ、つらかったなあ

飛ばないし、

ダフリまくりだし、

池ポチャするし、

バンカーから打って次のバンカーに入るし、

木に当たるし、

ばあさんのキャディに、こきつかわれたり・・・


そりゃーもう、安くないをつぎ込んで、

danekoは辛酸をなめ尽くした

あー、トラウマ、トラウマ


でもYちゃんは、ゴルフがんばってね

関連記事

1 個のコメント

  • やっぱり何でも若い人に限ります!!
    私のレッスンプロは白いんげん豆がメガネかけた
    ような人でした・・・もちろんすぐにやめました♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA