南島食べある記13・ミルブルックでゴルフするも(^_^;)

朝ごはんを早めに食べたのは、

danekoの同居人がゴルフをしたくなったからである。






日本から準備して持ってくればよかったのに、

danekoがすすめるのも聞かず、


「ニュージーランドくんだりでオレはゴルフなんかせん!」(九州人)


と、虚勢を張っていた彼は、ゴルフソックスすら持ってない(–)


そこで前日、ミルブルックのゴルフショップにdanekoも着いて行き、


シューズ、ソックス、グローブ、帽子、ボール。。

などなど買い込まなくてはいけなかった(ーー;)


しかし、danekoは同居人がいくら使おうと口を出さない。


それはひたすら、自分の散財にも目をつぶってほしいという、

danekoの必死のメッセージなのである。


しかし、同居人はそんなのフィフティ・フィフティと思ってないから、

今回もオークランド空港で会った途端に、何の拍子かdanekoを指して、


「この人はよくお金を遣うからね(-_-メ)」


と娘danekoに愚痴っていた。


ムスメはもちろん、「そうだよね~(^o^)」などとは同意しない。


調子にのり同調したが最後、たっか~い留学費用の愚痴などが、

返り血のように自分に飛んでくるのを恐れているのだ(^_^;)


で、朝食後の午前9時半頃、

いよいよグリーンに出る同居人だが、

英語環境恐怖症なので、danekoたちも着いて行く。


日本のゴルフ場と違い、混んでなければ予約すら要らない(^^)v


「プレイするの?じゃあ明日の天気が良かったら、

ここに来ればいいよ。8時半から空いてるから」



と前日に言われていたのだ。なんというフリースタイル。。。


念のため、その時に貸しクラブも確認しておいた。一日70ドル。

とんでもないクラブだったら小うるさい同居人がクレーム満載だから。


しかしさすがNZの名門コース。

Taylor Made というブランドの立派な貸しクラブがずらっと揃っていて、

うるさい同居人も感激していた。





さあ、

トランドラーと呼ばれる手動のカートを引っ張って、コースへ\(^o^)/

娘danekoがお供です。


プレイフィーは宿泊客なら一日100ドル(トランドラー込み)

一万円しないで名門コースでプレイでき、納得のお値段である!


しかもこの日は一人客が多く、

連れのいない同居人も全然アウェーじゃない。


とはいえ、スタート直後にナニかあって、

「や~めた」なんて帰ってきちゃうと

danekoたちの一日の予定が狂って困るので、


調子が出てくるまでは、着いて行く(^_^;)


しかし、南島のこの季節、

早朝に降りた霜が溶けてきていて、

ムスメの靴はずぶ濡れになった(T_T)






途中で晴れてきて、

ニュージーランドのゴルフ場、気持ちいいな~♪

danekoもまた、失意のうちにやめていたゴルフを

再開したくなったのであった。。。



【しろねこにぽちっとm(__)m】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

danekoって、停まってるボールは打てないのよネ(-_-)

関連記事

1 個のコメント

  • あー、その環境のゴルフ良いなあ。といっても、僕も12時半まで仕事して13時には球打ってる環境に勤務してるんですが。
    女性陣の散財はどこも一緒。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA