ローマはぷち命がけ(@_@)

本日、Hotel Edenのコンシェルジュ一押しのレストランへやって来ました♪

San Marco

DSCF1242+1.jpg

お洒落な店内

いい感じです


DSCF1243+1.jpg

さっそくワインを

オリーブ・オイルのビンがかわいい


DSCF1244+1.jpg

ピッツァ・マルゲリータ

やはり、シンプルなこの一品

バジルの葉っぱは乗っていません^^;


DSCF1245+1.jpg

ピッツァ・コン・フンギ

マッシュルームが、たっぷり


DSCF1247+1.jpg

ジューシーなマッシュルームなので、


DSCF1248+1.jpg

辛味オイルをもらって、かけながら・・・

掛けたほうがあっさりするという、危険なマジック

大きめなのに、するりとお腹に収まってしまった


DSCF1250+1.jpg

ボンゴレ・ビアンコを追加

これもおいし~い

炭水化物だらけの昼ごはん



DSCF1249+1.jpg

いつのまにか、満席の店内

ここもビジネス客ばっか

わいわいと楽しそうにランチしています

さすがにお水しか飲まない人がほとんど


DSCF1251+1.jpg

うわ、女性でも、こんなに食べてる

右は、当店名物フォカッチャです。 でかい。。。


DSCF1253+1.jpg

若いのに、感心な・・・

ナターレ(クリスマス)前のダイエットはいいんですか??


ここは、ホテルの朝食と違ってふたりで42ユーロ

ピザ2枚、パスタ1品、グラスワイン1、ハウスワイン250ml、水

=お値打ちです


San Marco

Via Sardegna、 38/G 00187 Roma

また来ようと、ゴキゲンで外に出る

DSCF1254+1.jpg

気持ち悪~い、地下道の入り口

絶対に入って行けないよ・・・


DSCF1255+1.jpg

食べたくは、ない。。。


DSCF1256+1.jpg

コロッセオに、やって来ました。


DSCF1259+1.jpg

これこれ、典型的な観光コース


DSCF1258+1.jpg

猫さんが番人をしています

あの~、あなたは何世紀から、そこに

謎の猫


DSCF1257+1.jpg

うつむき加減も、なかなか可愛いですよ~


ところが、コロッセオは閉まっていた

どうも、日没1時間前、というのに引っかかったらしい

こちらの日没は、4時41分

いまは3時40分。

ぎりぎり良さそうだけど、イタリア人なら閉めちゃいますね


またクラ~イ地下鉄に乗って、移動するも、

このローマ、道を歩くのが命がけ

違法駐車の山、山、山、

歩道にクルマの鼻がはみ出していて歩きづらいったらない

街は汚いし、落書きだらけ


DSCF1260+1.jpg

こんな建物は、まあ価値があるんでしょうが、

道を渡るだけで、アーメンしなければならないという、

ひどいていたらくだ

少し住めば慣れるのだろうが、こんな街絶対に住みたくない

目つきの悪い人も一杯

油断がなりません


日本人よ、ローマなんぞに憧れるな

バスで名所を回ったら、すぐに退散したほうが賢い

モノは全て高い

500mlペットの水が、2.5ユーロ(約230円)

おいしい店は少ないというし(観光客相手で十分やっていけるのだそうだ)、

すさんだ街です


さて、danekoたちは、サンタンジェロ城にやって来ました

DSCF1262+1.jpg

ミカエルさま~


DSCF1264+1.jpg

この通路

映画「天使と悪魔」で、トム・ハンクスが駆け上ったあれだ。

そっくりだよう(当たり前)


DSCF1265+1.jpg

実は、ここ、夕方からは怖過ぎ

本日は観光客が少なく、お化け屋敷ムード

牢獄にも使われていたこの建物、

さぞ殺人や拷問などがひんぱんに行われていたのだろう


コワいコワい

DSCF1263+1.jpg

夕暮れのテヴェレ川

景色はいいんですが、


DSCF1266+1.jpg

とっぷりと暮れてくると、

後ろに何かいそうでコワい

変な通路やら、穴やらが満載のこの建物

また天使像や聖人の像がおどろおどろしいのだから、

「なんか間違ってるよ」 と娘danekoもつぶやく。

悪魔の館、カステッロ・サンタンジェロ


DSCF1269+1.jpg

バチカンもライトアップされています。


あああ、またこれから、

アフリカ系の偽ブランド売りの側を通り抜け、

売り込みの呼び声をなんとかかわし、

真っ暗な地下鉄ホームで目つきの悪い人達に囲まれ、

バッグを真剣に守りながら最寄り駅に着いたら

命を掛けて道を渡る・・・


こんなローマはもう来なくていいので、

トレビの泉には行くまい

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA