daneko、NZの銀行で商談??(続編)

この銀行のニューマーケット支店は、

danekoが住んでいる市中心部の支店より、格段に親切だ


それを見越して、わざわざクルマでやって来たのだが、

マネージャーのDから、

daneko、リアルト・パーキングに駐車して、駐車券を持ってきてくれればスタンプ押すよ

と、言われていたので停める場所にも困らない


約束の時間に現われた担当者は、インド系

どうも、NZの金融界はインド人が多い


こちらの流儀なので握手して、話し始めるときに、


インド系だから、お金の計算、すごいんでしょ

と、ちょっとヨイショがてら聞いてみると、

いや~そんな」と謙遜していた。。


でも、まんざらでもなさそう


そして、かんじんの住宅ローンの話になった。


ここの銀行、ローンが降りないって評判だけど

とdanekoが突っ込むと、担当者Dは、


いやいや、そんなことないよ。どうしてそんなウワサが?

周りに断られたヒト、数組知ってるし

え?どういう案件だったんだろう


う~ん、たしか、50%頭金が必要だとか言われてポシャったのと、ローンそのものがおりなかったのと・・

と、説明したところ、

ああ、アパートの場合は、ローンがおりる%が部屋によって決まっててね


と、紙を見せてくれる


アパートメントは、ワンベッド、2ベッド、3ベッド、それぞれの仕様で融資枠が決まってるんだよ

ということだそうだ。


へええ~

とdanekoはおどろく。


小さ目の2ベッドルームなら50%マックスでも、

同じ広さで1ベッドルームなら、80%融資とか出る場合もあるらしい。


ちょっとした発見だった


でも変な基準かも

そしてローン金利は5%台だ


預金者の抵当や資産によって違ってくるのは日本と同じ

でも、定期の金利も5%に届きそうな水準だから、

スプレッドからすると妥当なのだろうが。。。高い、ね。

日本とぜんぜん違うな~金利も・・」というと、

日本はどうなっているの?」と、Dは逆に聞いてきた。


そこで、danekoは日本のゼロ金利政策について、説明することになる。


彼は、ゼロ金利と聞いて、心底びっくりしていた(知らないんカイ??)

しかもそれは、断続的に10年以上続いているのだというと、

信じられないという反応だった


まあ、日本人の比較的少ないNZ社会、

日本の金融政策なんて知らないのだろうな・・・


でも、預金金利がゼロ金利と言っても、住宅ローン金利は3%前後はあるから、スプレッド(乖離差)はこっちより日本のほうが多いね」

というと、彼はふむふむとうなずいていた

と、いうことは、NZの銀行の方が住宅ローンにおいては儲からないのか・・



なんだか、danekoの方が教えてやってるみたいじゃない

でも、ニッポンやニッポンジンなんて、いまや中国に比べたら、全然たいしたマーケットではないのだ。。。




そのあと、彼は融資枠の設定のために、

danekoの会社の決算書が見たいとか、

(danekoがNZでビジネスをやってないので)

今後のライフプランなどを聞かれたのだが、

次の用事があったので時間切れ(ということにした)


まあ、会社の決算書なんか、NZの銀行に出すつもりもないし、

用意ができたらdanekoから電話することを伝え、

(このままシカとしておこうっと。。)

駐車券にスタンプをもらって、銀行を出たのであった


でもなんか、こんなふうに銀行に行って話したりすると、

旅行者では経験できないことだから、

住民感が盛り上がるかも。。


担当のD、

ホントはちっともローンなんか借りる気ないdanekoなんかに引っかかって、

貴重なビジネスの時間を無駄にしてしまったことは、知る良しもない。。。(了)

関連記事

1 個のコメント

  • 楽し~い♪♪♪すっかりニュージーランドの人だねえ。コネコヤンちゃん逆バンジーすごかったね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA