中国共産党 党大会

本日は、中国共産党党大会について。



(硬い話題ですみませんm(__)m











共産党大会





ニッポンのニュースはまあ、この程度。



しかし、danekoはCNNを見ていたのだが、



朝からず~っと北京からの中継ばっかり



アメリカ人の、中国に関する関心度は、



思っていたよりずっと高いらしい。。。



英語の同時通訳で聞いていると、



improved
well developed


successful
のオンパレード



これは中国社会が、というより



「共産党政権が」という意味合いが強いようだ 。





しかも、communism という言葉を使わず、



Socialist、Socialism


という表現を繰り返していてちょっと



まあ、アメリカがこんなにも中国の動向に注目しているなんて、



danekoはちょっと驚いたが、



報道特集でない一般ニュースでも、



フージンタオ、フージンタオと連呼している



(胡錦濤のこと)





その次がシーチーピン、シーチーピン


(習近平)





その延々と続く報道番組の中で、



CNNの女のレポーターが、



「え~、こんな盛大な党大会ですが、中国の一般民衆はこれを見て本当にハッピーなんでしょうか?一般民衆は、共産党一党独裁について、どんな反応をしているんでしょうか?」



などと真面目に問いかけていて笑えた



アメリカ人はやっぱ、共産党一党独裁がわかってないな 。。



中国の一党独裁っていうのは、専制政治なのだから、



封じ込め政策だ。





気に入らない奴、気に入らない意見、



すべてシャットアウトできるし、



捕まえて拷問して、殺してしまうこともできる



(失脚した重慶のボーチーライなど、政敵7人を拷問で殺したといわれる)





言論も人の命もなにもかも、コントロールできるのだ



だって誰も、捕まったり失脚するのは嫌だもんね 。。











danekoは、日本はまだまだマシだと再認識した。



もしこんな茶番劇みたいな党大会を



ニッポンでやったとしたら、



5大マスコミ含め、国民総動員で



文句ブータレまくりだろう



「な~にがサクセスフルよ!!」
って、馬鹿にされるにきまってる



そんな茶番が大真面目に、誰の批判も(表立って)ウケずにできる、



それが現在の中国なのだ



それにしても、あの反日のエネルギーが、



中国国内を出て、海峡を渡り、



日本へ向かってきたとしたら・・・





コワい、コワ過ぎる

憲法9条があるから戦えないもんね




戦えないニッポン、本当に大丈夫なのだろうか。。。
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA