香港ーオークランド

NZ航空ビジネス・プレミア

180度のフラット・ベッドになるシート

NZ路線ではキャセイなどにも導入されているが、

座席の幅が狭いそうだ

(体型違うもんね)


この機材、ボーイング777は、いま日本にほんのちょっとしかやって来ない 。


中国ーオークランド路線に取られたのだ



でも、香港ーオークランド線は、ほとんどガイジン客


中国人がチラホラ、日本人は、danekoだけみたい

スチュワードが、中国語で話しかけてきた




そう、出発前のドリンクを勧めに来たのだ 。


このサービス、日系航空会社に見習わせたい


danekoが「スパークリング・ワインを」 と言ったら、

シャンパンでございますね」 


と英語で言い返された

(たいしたレベルのシャンパンではないのに・・・)


さて、無事離陸





さっそく夕食前の

ワインとつまみが配られる


daneko はシャルドネをチョイス(^^)v


やっぱ、ニュージーランドのワインはおいし~








前菜のサーモン

たっぷりのアイオリ(マヨネーズみたいなソース)をどかせば、

まあ悪くない。













このフットレストを椅子替わりにして、

向かい合って食事もできるというウリなのだけど、

最近とんと使ってるカップルとかを見ない

なんかrestlessだもんね




  メインはチャイニーズで


(ほとんど残した。。)

ピノ・ノワールを追加する


さっきの中国語で話しかけてきた乗務員は、

ベトナム系のニュージーランド人


移民2世だそうだ。どうりで、英語もすごく上手


英語、標準中国語、広東語、ベトナム語が話せるという・・・






トイレに行くときに見たワゴン

この豊富なワインのラインナップは、航空会社ではピカイチ

ではないだろうか


この他にも、泡やデザートワインが2種類ずつくらいあるから・・


しかし、シャンパンとポートの他は、すべてNZワインというこだわり





さて、ベッドを作ってもらい、






いつもの朝食

今日は、ベリーヨーグルトだった

ワインはシャルドネが一番良かったな~


オークランド空港に、何の問題もなく、

予定よりも20分くらい早く着陸


ドアの所で、

プレミアム・エコノミーとエコノミーのの乗客が

ビジネス客より先に降りないよう、

乗務員が必死で通せんぼしていた


これも、日系航空会社にはできない技だが、

海外のエアラインはたいていやっている


飛行機の中でも、

人が平等でないというスタンダードがあるのだろうか、

海外には・・

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA