中国問題、danekoの教科書(^_^;)

実は、ここには書けないのだが、



このところ中国人との間で、イヤなことがあった



それで、腹を立てたりもしてみたが、



ほとんど実がないので





じゃあもうちょっと、敵について知ろうなどと・・



でも別に、 ただ、





本を買って読んだのだった。。







私はなぜ「中国」を捨てたのか (WAC BUNKO)私はなぜ「中国」を捨てたのか (WAC BUNKO)
(2009/08/18)
石 平



商品詳細を見る








これこれ、これはおもしろかった



著者は留学で日本に来て、



祖父が秘密裏に(文革時代で禁じられていた)



叩き込んでくれた論語というものが、



日本では盛んに研究され、豊富な文献とともに、



日本人に愛されていたことを知る





中国の古書文献はもはや、



焼かれてしまって中国本土には無く、



海を渡ったニッポンで、大事に保存されていたのだ 。





そして、日本人の優しさを知り、



とうとう中国籍を捨て、帰化を果たし、



日本人として生きる著者を故郷の親類はバカにする。



すべて反日教育のせいなのだ。





「反日」をかなり深く掘り下げて理解でき、面白かった。









そして最近、この人の著書が、



またまた、



書店で平積みになっているのを見つけた

どうも、売れているのかもしれない。。













中国社会の崩壊が始まった!  2013年の「中国」を予測する (WAC BUNKO)中国社会の崩壊が始まった! 2013年の「中国」を予測する (WAC BUNKO)
(2012/09/21)
宮崎正弘、石 平 他



商品詳細を見る




これも面白い





ものすごい中国通の日本人との対談形式で、



尖閣の問題、政権の腐敗、次期の権力者の予想図、



不動産バブルはもうとっくに崩壊していること、



バブル崩壊後のゴーストタウン紹介、



経済政策の失敗と穴埋め、





幅広い中国のリアルタイムがそこにあった



しかし、この人たちは何と言っても、



「中国はダメよ」派なので、



これらの本だけ読んでいては、偏向してしまうのではと



共産政権の礼賛本でも買おうかと考えたが、



やっぱおカネを出してそんなもの買うのが馬鹿らしくなり、



じゃあ立ち読みででも、反対意見を容れようかと考えたが、





それすら全く気が進まない



なので、danekoの中国観は、偏っていると思ってくれてもいいのです(^_^;)
 
マスコミの報道するものとは、まったく違う切り口で考えているから・・







「電子書籍で読まないの?」とたまに聞かれるが、



danekoは紙書籍派

なんたって、目の疲れが全く違う



液晶画面はパソコンだけで、もうたくさん



読書くらいは紙媒体でさせてもらおうと、



見てくれより実を選んだのであった(ー_ー)!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA