娘daneko、涙目(T_T)

娘danekoが、うなだれて帰ってきた


韓国系キウィ(ニュージーランド人)の大学生から、

「日本は戦争中、ヒトラーよりひどいことをしたのに、それを学校で教えていない」

と批判されたのだそうだ。


ふう~む、ヒトラーよりひどいことか、

つまり、民族虐殺のことをいっているのかな?


であれば、南京大虐殺などを主な罪状としているのだろう。。


しかし、その彼は、韓国の教育は受けていない。

だが、彼のお母さんは、韓国で生まれ育ち、

彼が小さいころにNZに移民してきた人だ


きっと、反日教育を受けて育ったのだろう


南京大虐殺・・

danekoは、なんと昔、100%真実だと思っていた

まあ、30万人でなくても、20何万人くらいは、

中国人を殺したのだろうと信じていた。


その根拠は、「火のないところに煙は立たない

ということわざにあった

。。ええ、それだけです。

その頃は、中国人と日本人の行動様式の違いを知らなかったし、

日本の政府が、戦争中の恥を隠したいのだろうなどと・

そう、思ったりしていたのです



では、南京大虐殺

この、検証結果など、どうであろうか。

偽造写真についてのリンクもある。 かなり冷静に、事実というより、「なかった」証拠を積み上げている


これを論破するのはかなり難しい かも。

娘danekoにこれを見せる


そして、「南京大虐殺は、中国国民政府(当時の政権)のプロパガンダである

という、東北大学教授のリサーチ結果も見せた


「南京事件というのは、中国がそれまでやってきた宣伝戦を戦後も行なったまでのことです。日本は宣伝戦に負けたのです。それに、中国人というのは面子を重んずる国ですから、いったん言ったことを取り消すことは絶対ありません。宣伝に負けたとあっさり兜を脱ぐことです」

と数百人に及ぶ聞き取り調査の結論を述べている。

いやしかし、兜を脱ぐだけではね~

それに面子って、真実じゃないことを真実と言い張ることか


なにしろ娘danekoは感情的に非難されたらしく、

そうとうマイってしまっていて、涙目だ


大学生のくせに、年下の女の子をイジメるとは、

ちょっとあきれたやっちゃと思うのだが、

まあ本人は至って真面目に、

娘danekoに歴史の真実を教えてやったと思っているだろう



韓国系の母親礼賛はすごいものがあるから、

母親に言われたことは、無条件に受け入れてしまうものだし。

日本の子供みたいに、

「親の言うことなんて」と反抗的な子は少ないようだ。


娘danekoが、

なぜニッポンは真実を主張して言い張らないのか」という。


それも一理はある。

なし崩しに戦争責任、謝罪、賠償と行えば行うほど、

あちらの要求は度を越してひどくなるばかり、

日本人のように、水に流すなどということは、

期待するだけバカみたい


たしかに、事実か虚偽かのきちんとした検証も必要だし、

毅然とした態度を取るべき時もある 。



でも、danekoが現実的に考えるに、

この謝罪や賠償といったものは、

しばしば日韓(時に日中)の経済交渉などとセットになっている


謝罪や賠償を突っぱねれば、

かの地の日本企業や日本人駐在員に災禍がおよぶ、

(レアメタルの対日輸出禁止なども、あちらの要求を聞かなかったから)


そういうヒドイ2択の中で結論を迫られたとき、

1、過去の名誉を取って突っぱねるか 2、現地の日本人と企業の安全確保のため、我慢するか という選択の中で、過去よりも現在、

政治のメンツよりも経済界の救済を選ぶしかなかったのでは。


それを娘danekoに説明し、

1と2、どちらがいいかを聞くと、

そりゃ当然2、を取るべきだというではないか


いま、娘danekoは、

どうすれば真実が世界中に伝わるか

を、考えながら涙を拭いている


あ、あの~、それもいいんだけど、

やるべき勉強だけは、きっちりやって、

大学に入ってね


思考が未来へとぶっ飛ぶと、

現在がおろそかになる

受験生は勉強から逃げるなかれ


ニッポンのよさは、いまや、

世界のインテリ層ほどわかっているのであるから

(わかってて、ダメにしてやろうという勢力もあるけれど)

一般レベルでの認識は気にしない、気にしない

関連記事

2 件のコメント

  • そっちではそこまで言って委員会放映して無いし。
    三宅先生も亡くなられてしまって。

    朝日新聞とか本多勝一とか若いころダマされてました。

  • 新聞に嘘ばかり書いてあると教えてくれたのは、某省公務員の弟でした(^_^;)
    それまでは、私もダマされてたな~。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA