rubbish direct

なぜ、ゴミ箱なのかは後でわかります(^_^;)

 

2週間前の週末のことだった。。。

リビングにいた娘danekoが、

 

「なんだか子どもの泣き声みたいな、でも違う。

嬌声なのか叫び声なのかわからない声がしてる・・」

 

と、ずっと気にしていたのだ。

 

すごくうるさかったのだそうだ。

 

雨の降る夜に、雨の音に混じって聞こえる奇声?

キウィのパーティって、うるさいものだよね。

 

なんか若い人たちのパーティなんじゃない?

と別の部屋にいたdanekoは気に留めなかったのだが、

 

そしたら・・

 

次の朝、外にパトカーが2台、停まっているではないか!

こんな奥まった住宅地に、パトカーなんて見たことない。

 

danekoのアパートは、坂の途中にあり、

坂をおりた所はロータリーでデッドエンドだ。

 

事件に違いないゾ(ー_ー)!!

と、部屋の窓からジーっと見ていた野次馬のdaneko、

 

アパートの別の区画から女性がひとり、

警官につれられてパトカーで連行されていくのを見た!

 

こりゃなんか事件だ。

昨日のバカ騒ぎパーティかな?と思ったのだが、

 

実際にどの部屋なのかはわからなかった。

 

danekoの住むアパートは、区画ごとに入口があるので、

出入口を共有する8世帯の人にしか会わない。

 

なので、問題の部屋の住人は全く知らない人たち。

この時は、なんだろうな、パーティでケンカかな?

 

と考えたりしたのだけど、パトカー2台は多いね(-_-)

それに、女性が連行された後も、

 

パトカーはアパートの駐車場ゲートから中に入って来て、

敷地内から建物をずっと見張っているようだった。

 

暴力事件とかであれば、連行されたらもう一段落。

だよね・・

 

なのに、警官は、午後までずっと、

パトカーの外から問題の部屋を見張っていた。

 

とはいえ、どこが問題の部屋なのかはわからない。

ポリスが立っている場所から、目線をたどる。

 

あ、クルマで出かけるときにですよ(^_^;)

なので、大体の位置しかわからないのだが、

 

その視線の先は、以前からdaneko達が問題視していた部屋に、

近いような気がするのだった。

 

若い人たちがたくさん住んでいるような部屋。

マオリっぽい感じの子たちや、インド人っぽい子たちとか、

その区画から色々な人間が出入りしていた。

 

danekoのアパートには、子どもは本当に少なく、

いい歳した大人ばかりだったから、

 

その、チャラチャラしたフラットメイトみたいな、

集団で住んでます的な住民は目立っていたのだ。

 

でも連行されていたのは、浅黒い系の、

30代くらいの女性だったので、

その時は若者の部屋だとはわからなかったが

 

その後、警察が来たわけは、やはり麻薬。

だと、事のいきさつからわかってしまった。

 

そして困ったことに、麻薬事件が起きてから、

ゴキブリが大発生してしまったのだ(@_@)

 

それはなぜか・・

え?

その麻薬部屋から大量のゴッキーが出てきたんじゃないかって?

 

いえいえそうではありません。。。

この先、ちょっと長くなりそうなので、

ゴッキーの話題は食事の後で(^_^;)

 

続きますm(_ _)m

 

【一日一ぽちm(_ _)m】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

アラやだ!ワタシのハウスにもGが(?_?)

関連記事