中国の好景気を信じるNZの人々(-_-メ)

おおっと



---------- 米ゴールドマン、中国工商銀行株全て売却へ

[香港 20日 ロイター] – 米ゴールドマン・サックス(GS.N: 株価, 企業情報, レポート)は20日、保有している11億ドル相当の中国工商銀行(ICBC)(1398.HK: 株価, 企業情報, レポート)の株式売却を始めた。今回、保有する全てのICBC株を売却する。
----------




なんと、

GSが中国売りとは。。。


NZの人々は知っているのだろうか



ここNZで、今一番お金を落としてくれるからと、

その最高のセンスのなさ

最低のマナーにもひたすら我慢をし、

NZの観光、不動産、物販・・・


業界の人々はチャイナ・マネーに群がっている


しかし、このGSの動向が本当なら、

チャイナ・マネーは一度、地に落ちるかもしれない


13億の人口、限りなき物欲。


いずれ地に落ちても、また返り咲くであろう、

マーケットの巨大な威力


それにしても、昨年あたりからだろうか、

こちらのアウトレットなどでも、 中国人の買い物熱にも以前ほどの元気がないと、

danekoは思っていたのだ


中国本土では、

不動産バブルが弾けているという、






内モンゴル自治区オルドス市 内モンゴル自治区、オルドス市の有名なゴーストタウン


うち捨てられたマンション群。








広州SC 広東省のサウス・チャイナ・モール



世界最大のショッピング・モールとして、2005年完成したものの、

いまはこんなさびれよう。


というか、ほとんど誰も来ない



はたしてこの現象、日本のバブル期にもあっただろうか。。。


テーマパークや三セクの遊園地などが

日本で廃墟になったのはそんなに昔ではない。



中国と日本の不動産バブルのあとさき

かならずしも同じ経過をたどっているわけではないらしい

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA