帰国便の機内食(^o^)丿

 ああ、なんてタイムラグのあるdanekoブログ・・


お恥ずかしい。。


もう、帰国してから本当は、3週間ほどたっているというのに、


いまごろ帰国便情報とは。。。


だって、帰国してからいろいろと忙しいのである(^_^;)






なんてことのないシャンパーニュで始まる、


約12時間の空の旅


今回の飛行時間は長い。。。


飛行機がチョイと小さいせいであろう






前菜は、鴨のスモーク、サラダ添え


パンは少しだけ酸味のあるサワドゥ。


悪くないです






この、

塩とオリーブオイル、粒胡椒に発酵バターが、

何となく期待感を高めてくれます


ええ、まずかったら勝手に味付けすればいいやって??






メインが来て、

シャルドネと ピノ・ノワールとともに。。。







光に透けて、美しい色合い








メインはラムにしたのだが、

ニオイはなく、悪くなかった(^^)v


完食は出来ないけれど、昔よりもずいぶんと質が上がっている


付け合せは全部食べた


マッシュポテトと中国菜の炒め





デザートはいつものようにスキップして、チーズ


ふつうの人は、デザートを食べ、チーズをスキップするが・・・

danekoは甘いモノ要らない派






いま、NZチーズは赤丸急上昇中


特にこのKapiti社のものは、原乳が厳選されており、

ヨーロッパのチーズに引けを取らないものもある







このピノも、よかった。。。


そこまで高いワインは出ないのだが、

バランスがよく、

セントラル・オタゴの特徴が嫌らしくなく前面に出ていてよい



オタゴ産はどうかすると、

焼けた土のニュアンスが出てしまっているものがあり、

(たしかに夏の昼間は灼熱の岩砂漠のような気候だ)

そうなると、ピノ・ノワールの上品さとは遠ざかってしまう


クルーに「おいしくなったね」と声を掛けてみたが、

本人たちはあまり実感がないようだった

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA