福岡空港でちょいトラブル(~_~)

ついに、またオークランドへ旅立つ日が来た


今回は、福岡ー関西ー上海ーオークランドという、

ちょっとハードな旅程


なぜこんな旅程にしたかって?

それは、おいおい述べるとして・・・


まず、しょっぱなの福岡空港でトラブル

danekoは今回、3個の荷物を預けられるので、

デカいリモワのスーツケース2個と、

オークランドに着いてから着るダウン・コートを預けようと思っていた


ところが。。。

「danekoさま、申し訳ないのですが、上海でいったんお荷物を受け取られて、再度チェックインをお願いしたいのです」

と、ANAのおねーさんが言ってきたではないか


「いえ~あの~、この前はスルーで上海空港経由オークランド、行けましたけど・・」

「ではdanekoさま、もう一度、問い合わせをしてみます」

と、試みるも、


「やはり、今回は上海でピックアップが必要となるようでございます。」


というのだ

でもdaneko、今回に限って荷物も多い


「あの、なぜ今回はダメなんでしょうか?乗り継ぎ便がANAだからですか?」


福岡ー関西ー上海 は、ANA便なのだ そのせいで、danekoは上海で荷物を取らなきゃいけないのか


「danekoさま、以前は航空会社はどちらでしたか?」

「福岡ー上海は中国国際航空、そのあとは、今回と同じNZ航空です。全部スターアライアンス系なので、取り扱いは同じではないのですか?」


と、責めあげるも、おねーさん、カタカタとパソコンを打っては、浮かぬ顔

やはり、上海浦東空港で、

ANA機からNZ航空機への積み直しをしてもらえないのだという

「今回はスルーのつもりだったので、荷物が多いんです。自分ひとりで運べるかどうか・・・」

と、ダメ押ししてみるが、


「申し訳ございません。上海空港ではカートをお使いになって、ご移動いただければと存じます。」


・・・なるほど、カートという手があったか


danekoは、もう少し粘ろうかとも思ったのだが

まてよ・・

と思いなおした


無理に関空ー上海ーオークランド路線に荷物をねじ込んでも、

もしきちんと届かなかったら、何の意味も無い。


そして、上海は中国=リスクである


ANAはきっちり上海まで荷物を運ぶであろう

そのあと、daneko自身で荷物を確認したうえで、

NZ航空のカウンターに行ってあれこれ注文を付けたほうが間違いない。


そうでないと、上海でスーツケースは放り投げられ、

最悪ボロボロになるかもしれない


・・わかりました、浦東(プドン)でいったんピックアップします


「danekoさま、ご、ご協力ありがとうございます」

ANAのおねーさんは、恐怖から解放され、心底嬉しそうであった


いや、danekoにはdanekoの事情があるのだ。

別に親切とか物わかりがいいわけじゃない・・・


とかなんとか、やり取りしていたら、時間ギリギリ

おねーさんが、手荷物検査場の入り口まで着いてくることになった


danekoが土産物売り場などに消えるのを阻止するためだろうか。。。


おねーさんは、danekoがちゃんとゲートを入るのを見届けると、


「いってらっしゃいませ、danekoさま」

と、深々と頭を下げたm(__)m


うん?そういえば、

地方空港の福岡でも、カウンター対応よくなってきたかな


敬語も今回はちゃんとしてたな~。

NZ航空のデブのCAたちに見せてやりたい


ささ、関空までは、たった一時間の旅。






おお、あの雲は、まさに、











グルメガイドも出している、タイヤ会社のキャラクター、


ビバンダム君のようだな~


さあて、上海空港で、ひと仕事控えているのだ・・

体力貯えとかなきゃ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA