香港経由はもうイヤ(~_~;) その4

danekoは愕然とした



なぜって、

こんな展開、

日本ーオークランド路線では考えられないからだ


日本からの便でオークランド空港に来た場合、

口頭でのやりとりだけで、

荷物を開けられることはほとんどない



だが、前回の時もそうだったように、

香港便は全然待遇が違うのだ


同じdaneko、

同じパスポートだというのに・・・


danekoはその時、

何気なく並んだ列の先に、

怪しげな?中国人ばかりだということに気付いた


ああ、せっかく検疫官の人が、


「レーンはどれでもいいよ♪」

といってくれてたのに、


どうやら一番よくないレーンを選んでしまったようだ



しまった。。。


旅の疲れか、眠気さめやらぬままに、

不注意な行動をとってしまった


3つのレーンとは、見たところ、


1.キウィ、もしくは白人系の旅行者

2.そんなに怪しくなさそうな申告者

3.怪しげだと疑われている中国人他


という構造になっているようだ・・・




そうこうしているうち、

1の列には誰もいなくなり、

2の列も、どんどん進んでdanekoは取り残されていく



しかも、danekoの後には誰も来ない。。。

ああ、今回に限って、

空港送迎を頼んであるのに、

外で待っている人心配するよ~


と、danekoのイライラが頂点に達したころ、

やっと順番が来た


スーツケースを開け、椎茸(冬菇)を見せる


密閉された袋を見せ、


「Japanese dried mushrooms」 というと、

とたんに係官の顔がゆるんだ


「OK. Go to the Xray」


と、即座にX線検査(荷物の)のレーンに行っていいという


「な~んだ、日本人か・・」


というような顔をされた。


傍らでは、中国人たちが、

すべての荷物を開けさせられ、

尋問を受けていた


しかもキャリーの隅々まで見られている

いったいどんなものを持っているのだろう・・・



やれやれ。。。


あんな人たちと一緒にされちゃたまらない



しかし、danekoはほとんど最後の客であった。


せっかく前方席に座っていても、これじゃ全然意味がない(-_-メ)



1時間はたっぷり余分にかかって到着ゲートを出ると、

もう到着ロビーは閑散としていた


香港便は、時間のムダ。


幾ばくかのマイルと引き替えに、

danekoが失った時間、

そしてドキドキするスリリングな攻防戦


寿命が縮みますね


はい、自業自得です(>_<)


送迎のドライバーさんはものすごく心配してくれていたけど、

iphoneにNZのSIMカードを差し込むヒマすらなかったのである(ー_ー)!!




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA