オークランド食べまくり、再開!MASUからスタート(^^)v

さて、娘danekoも戻ってきて、

オークランド食べ歩きも再開!


娘はどこにしようか迷っていたが、

結局 MASU に落ち着いた。


MASU。。。

実は、日本人の最も少ないジャパニーズ・レストランだ。


しかし、ウワサを聞きつけたちゃいにーず様たちは多く、


最近は、

danekoたちにも水でなくお湯が出てくることがある(^_^;)


まずは、ワインとともに、炉端を何品かお願いすると、





タコのカルパッチョがサービスで出てきた♪

いただきま~す♪♪


それから、





インゲンの和え物。

シャキシャキで美味しい~\(^o^)/


これは、次回もリピ確定か。


しかしMASUの野菜メニューは季節替わりだから、

次回はもう別の野菜になっているかも。。。





定番・焼き鳥。


今日は少し鶏肉が柔らか過ぎて、

お替わりは中止。





ブロッコリーニの炉端。


メニューにはブロッコリとあったゾ(^_^.)

まあ、ブロッコリーニの方が好きなのでよいけど・・・





鮭巻き。

いわゆるサーモン・アボカド巻き。

まあまあ、ふつうに美味しい。





銀鱈の西京焼き。

これ、48ドルとかです。


でも、オークランドに戻った記念に、つい。。





この、黒ゴマが散りばめられた味噌ソースは使わずに、

柑橘をたっぷり絞って食べるのがdaneko流。


なぜって、甘さが控えめになるし、

タラの身がしまっておいしく感じるの(^_^;)





今日の最後は、厚揚げの炉端。

ふつうはこれまた甘~い味噌ベースのソースがかかっているのだが、


日本人のマネージャさんと相談の上、

彼の提案・ポン酢添えで食べることに(*^_^*)


半分はポン酢、半分は醤油で食べると、

バランスよく楽しめます。


つまり、MASUの炉端もそのままでは食べていない、

アレンジしまくり(させまくり?)

のdanekoたちであった。。。


これにセントラル・オタゴのピノ・ノワール一本と、

グラスの泡と梅酒でふたりで190ドル。


刺し身は他のところで食べるから、

MASUでは食べない。

(だいたいニッポンでもたらふく食べてきたし)


この店、スタッフの中にはあんまり、

サービスのレベルが高くない人もいる。


それがちょっとした巷の批判の的でもある。


が、凝った内装、お金の掛け方、

氷や大皿を多用したプレゼンテーションといい、


オークランドの日本食にも、

都会の風が吹いてきたことをひしひしと感じ、

面白い(^o^)


この日はDepot のエグゼクティブ・シェフ、

アル・ブラウンも食べに来ていました。


いやいや、まだまだホットなMASU なのであった。


MASU

SKYCITY Grand Hotel
90 Federal Street, Auckland
☎ 09 363 6278


サンデーブランチは、刺し身やサラダが食べ放題。

メインを選んでデザートが来て、

大人58ドル、子供28ドルだって。


【しろねこに応援ぽちを】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

daneko、ワタシがどうなろうと食べ歩くのネ(-_-)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA