飲食の日本人サービスパーソンに告ぐ(ー_ー)!!



備前の作家物のお皿。美しい・・・


あっと、今日はお皿の話題なんかじゃないのです。


自称、オークランドの外食王(あくまで自称。。)、


いろんなお店に行くのだが、

最近ちょっと気になる事がある。


それは、お店での日本人のサービスについてだ。


もちろん、立派な方もいる。

その筆頭は、KazuyaのMojo(モジョ)さんであろう。

(コーヒーチェーンではなく、ニックネームですよ)


しかし、勘違い系のサービスパーソンも多い。


これにはいくつかのタイプが有る。


1.店がビッグネームまたはAwardなどを取り、それで自分もエラいと勘違いしているタイプ。


そりゃーね、いいんですよ。心のなかでいくら誇っても。

Team ○○ なんて言って、自分もそのビッグネームの一部だと思ってもいい。


しかし、その腹を客に見抜かれてはダメ!!ってことなんです。


だいたい、飲食店ってオーナーや経営陣が一番お客に低姿勢。

(俺様経営者は除く)


なのに、なんでもないフロアスタッフが一番スノッブだったりして(>_<)

これはイタい!!


キウィやヨーロピアンのスタッフがスノッブをしていても、真似るな!


あの人らはそれをしても、けっこう許されるし、

食シーンでの見た目の格好良さからいくと存在自体で店に貢献できる。


でも、我ら日本人。アジア人です。

キウィやヨーロピアンと同じステージで勝負できないよ(T_T)


認められたかったら、


海外にいても、日本人のいいところを伸ばそうではないか。

誠実に、謙虚に。いつも笑顔でお・も・て・な・し(笑)


いいとか悪いとかで言っているのではない。

私たちの強みはそこしかない。



2.ワーホリまたは学生で、やる気のなさが全面オーラにでてるタイプ。


飲食業は、日本でだってすごく厳しい業界。


重労働の割には賃金がよくなかったり、勤務条件も、

客商売だから、時間通りに帰れなかったり、

いろいろあるものだ。


だからといって、お客の前に出たら、もうアナタはプロ。

客は、プロのサーピスパーソンを求めている。


賃金が安いとか、職場環境が悪いとか、セクハラ、パワハラ・・

色々あるのは聞いているが、


ホールというステージに立てば、もうアナタは、

プロのサービスマンを演じるしかないのだ。


いくらキウィの彼氏が


「ね~○子ちゃん、そんなにマジメに働くこと無いよ。

最低時給なんだろ。サボって遊びいこーや」


などとやさしく誘ってくれたとしても、


彼らはアナタの将来にこれっぽっちも責任を持ってはくれない。

自分のキャリアは自分で考えるのだ。


たとえ、のんびりしたくってニュージーランドに来たとしても、

生活費が欲しければ、日本並みには働かないといけないだろう。


ましてここでは移民なのだ。

ローカルの何倍も苦労してやっと、ローカルの一人前。。


ホントに情けないけど仕方ない。

その事実がイヤで認めたくないなら、日本に帰ったほうがいい。


ブスッとして仕事をしたいならば、

接客業を選ぶべきではない。


接客業は、客にシアワセを与えるのがミッションであって、

料理やドリンクをテーブルに運べばいいというものではない。

そんなのは表面的なタスクであって仕事ではない。


もう少し深く考えてみようよ(ー_ー)!!




3.英語ができるのを鼻にかけ、日本人客を下に見るタイプ。


これも意外と多いゾ(-_-メ)


アンタの英語、そんなに立派なの?

ダンナがキウィだからキウィのお客大好き?


日本人は英語喋れない、またはヘタだから嫌い?

それともおカネを思ったほど落とさないとか?


永住権持ってるって?

それともワークビザ、ばりばり更新中?


そんなのすべて、ホールで威張る理由にならない。。

単なる浅い仕事観、人生観である。


「ワタシはキウィの社会に溶け込んでるの♪

だから、お客のアナタ達とは違うのよ~、おっホッホ!」


てなことを心のなかで思うのは自由だが、

それを接客の態度に出してしまうのはアマチュア。

(それがけっこう出ちゃうんだな、無意識に・・)


日本人客がシブくておカネを落とさないと、

シェフや飲食のオーナーたちから聞く。


そりゃあ誰だって、経営者だってオーナーだって、

お水しか飲まない客は好きじゃない(-_-)


でも、サービスパーソンがそれを顔に出してはオシマイよ。

キウィ達は単純だからすぐ顔や態度に出るけどね。

それじゃあ顧客機会を逃してしまう。


ワンメーターの客をあからさまに嫌がるタクシー運転手は、

結局長距離の乗客も取れないのだそうだ。

イイトコどりは難しいよね。。


日本のように、はり付いた笑顔でアタマをガンガン下げろとは言ってない。


ただ、気持ちのよいサービスをして欲しい、とは強く思う。

同胞ならばなおさらだ。


どうも、ニュージーランドに悪い意味で染まってしまった、

そんなサービスパーソンが多い。。。


すごく残念なことではある。

心あるスタッフさんたちが光っている中で、


海外ぐらしにスレきってしまっているスタッフもいる。


日本人としてのいい面を仕事に活かしていけば、

どこかで誰かが見ていてくれるのに、


すごくすごくもったいないと思う。


と、とあるレストラン・オーナーと話していて、

納得しごく。


まあdanekoの会社も接客が大事な業種なので、

ホント他山の石に終わらせまいと決心したのだった(^^)v



【しろねこもガンバってます♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

エサが欲しけりゃ媚びも売るしシナも作るワヨ(ー_ー)!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA