Ebisuに、疑問符いっぱい(?_?)(?_?)

Ebisu。。。


オークランドの情報誌(フリーペーパーではない)





Metro誌が選ぶトップ50の常連。


Masuができるまでの、お洒落ジャパニーズの筆頭。


キウィ資本の、新感覚ジャパニーズの走りだった。


が、danekoたちは未訪問だった。


特にEbisuに行く必要性もなく過ぎてきたこの3年余り。


しかし、シティのとあるジャパレスも寿司職人が去り、

近場で気軽に行ける店がなくなってきた(>_<)


そこで、予約を取らないここ、Ebisuが登場する。


昨今の人気店は週末を中心に予約が取りにくく、面倒(-_-)


よってウォークインできるEbisuなら、

使えるかと思ったのだった。


Metroによれば、トップシェフはちゃいにーずらしい。





Fred Wong だって。

腕組みしてるけど、猫背(?_?)


まあここは、偏見なしに行ってみようではないか。


そう、





おシャレな空間。。。


それこそが、Ebisuの最大のウリらしい(^^♪






まずはサラダ。

とんかつ屋のキャベツみたい(笑)


ドレッシングはそう悪くなく、食べれるが。






唐揚げ。

うん、これはクリスピーで好い♪

同じとんかつ屋ふうのキャベツが付いてるのは置いといて。


ああ、でも、





にんにくの効いたチャイニーズ系の唐揚げと思う。

たくさん食べてはニオイのもと(^_^;)



おススメメニューになぜに、餃子??

と頼んでみました。





これ。

悪くはないけれど、ジャパニーズじゃないね、もはや。


ポン酢と辣油ベースのソースだらけで、

ほとんどのソースが皿に残り、もったいない。

だって、たったの4ピースで19ドルですぜ、ダンナ(>_<)


一個4.5ドルの価値はないと、

お替わりしようとする娘danekoを制した。


経済観念のないムスメだ(-_-メ)


オシャレな空間に、日本食の分からないキウィ達。

まあ、それでいいのだけれど・・・


お次は、ソフトシェル・クラブのロール。

期待していたのに、最初、

海苔の外側がすっぽりと、キューリで覆われていた。


驚いたdanekoは、

すべてのキューリを取り除くよう命じた。


生のキューリで巻いた寿司ロールなんて要らん(T_T)






それで、これです。


豪快な見た目ながら、お味はごくごく普通。

St.Pierre’s あたりの寿司とそんなに変わらない。


グラスワイン3杯ととスパークリング・ウォーターで

お会計は150ドルほど。


料理の割に高いな。。。

だいたい餃子なんかが4ピース19ドルするのだから、


そういう店です。ハイ(ー_ー)!!


サービスは、テーブル担当制で、

danekoたちの所には、イタリア人が来るのだが、

彼にしか基本、オーダーできない決まりらしい。めんどい。


その他、テーブルをクリアしたり、お運びだけの人、

水を注ぐのが主な仕事の下働きの人、

というのがいて、

ホールのお仕事は分業制のようだった。


なんか、こういうシステム最近のオークランドの流行り?


テーブル担当は、みんなすごくチップ欲しそうで、

ガツガツしてるっていうのかな。

チップ狙いのミエミエなサービスをしてくるのが嫌味。


きっとスタッフの募集要項には、

時給14.75ドル+チップ

なーんて書いてあるんだろうな。。。


ニュージーランド、ノーチップだったはずなのに、

いまや中途半端に欧米のシステムを取り入れようとしている。


チップとは、

良いサービスに対して感激して払うもの。


danekoはそう思っているのですけどね。。。



【しろねこに応援ポチを】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

アラ、私のチップは唐揚げでいいのヨ(^^♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA