昼からガチ飲み客多し!おフランスのカフェ、ラトリエ・デュ・フロマージュ

l'atelier de fromage 201910 gnocchi 2


この日、danekoはニューマーケットにいた。

商店街から少し離れるものの、

相変わらず人気のこのお店。


一度しっかりランチをしようと寄ってみた。


ラトリエ・デュ・フロマージュ



実は、

メゾン・バロン」の名で知ってる人も多い。


特に飲食の関係には名のしれたこのお店。

メゾン・バロンは正確には2階のワイン・ショップのことだ。


あ、会社名でもあるようですね。


で、一階のカフェ&チーズリーの名前が、

ラトリエ・デュ・フロマージュ、というわけです。

ちょっとややこしいけど、おフランスだからしょうがない?


l'atelier de fromage 201910 exterior
こんな外観。


もう入口から、フランスのお店感が出ていますね!


ランチメニューはワインのつまみ?



午後12時を回ったところで入店したので、

空きテーブルはあとひとつであった。


「ボンジュール、マダム」

と店の人が声をかけてくれ、最後のテーブルに座ったdaneko。


笑顔のおねーさんに、早くもおフランス気分♬

メニューはちゃんと2人分持ってきてくれました。


で、サンドイッチやクロックマダムなど、

カフェメニューの他に、

ちゃんとしたランチメニューがあるはず、と思ってみると、


鴨のテリーヌ? パテ?だとか、

チーズとハム・サラミの盛り合わせとか、

ポーク・リエットと温めたバゲットだとか、


daneko
ランチはつまみがほとんどじゃないか(@_@)


とさすがのdanekoもびっくりである。。

しかし、もっとビックリしたのは・・・


昼間からワイン飲んでる客の多さ!



時は、木曜日。

テーブルの半分以上がワインを飲んでいる。


そして、ワインを飲めない人たちは、

どこかいまいましそうに、つまみのランチを食べている。


そう、つまみですからね。

もう確信犯的にワインが飲みたくなるであろう。



maison vauron 201910 wine
danekoは肉を注文したので、

グラスワインの赤を頼んだ。

ボルドーのけっこう有名な赤。


グラスで10ドルは、

オークランドのワイン価格としてはお値ごろ。


ま、基本カフェですからね。

午後4時には閉まるので、夜は飲めないしくみ。


平日の場合、

午後3時ころには客足が減って片付けが始まるので、

早めに行くのがいいと思う。



そうそう、前回はもうキッチンクローズしていて、

リベンジを誓ったのであった。


お肉とパスタを注文



このあと、仕事が待っていたので、

ワインは一杯しか飲めないゾ。


danekoたちは、

危険なつまみからなるべく離れようと、

肉とパスタ料理をそれぞれ頼んだ。



l'atelier de fromage 201910 gnocchi
ニョッキ。 19ドル。


ふうむ、美味しそうだ。

フランス人も最近はパスタ好き。


ニュージーランド人に受けるよう、

ポーチドエッグを載せている。

ソースは3種のチーズのソース。



l'atelier de fromage 201910 wagyu
danekoの和牛バベット。


バベットは、ハラミ肉のこと。

部位でいうと、ヒレのお隣。


スカートと呼んでいる店もあります。



そうそう、Depotのスカート・ステーキも美味しい〜♬


こちらのお店のお肉も美味しかったけど、

欲をいえば、切り方をもちょっと工夫してくれるといいな。


バベットはちょっと薄めに斜めに切ってくれると、

噛みごたえのある肉も食べやすくなるし、

バベットのテクスチャーをより楽しめる。


などと思っても、ここはニュージーランド。

和牛バベット(たぶん豪州産?)を食べれるだけ、

幸せと思わないといけないのかもね(^_^;)



l'atelier de fromage 201910 gnocchi 2
お店のメニュー風に上から。


同行者はワインをあきらめ、

食後のコーヒーを飲むことにしていたので、

パスタでちょうどよかったのでは?



l'atelier de fromage 201910 wagyu 2
danekoのバベットも、

ワイン無しでは寂しかったであろう。


お隣のカップルが、2人共バベットにお水。

会話も弾まず、辛そうであった。


いえね、もともと飲めない人はなんら辛くないんですよ。


飲めるのに、飲めない



この感じが辛いんだもんね(-_-)


飲んでいるテーブルの人達は、

めっちゃ楽しそうでありました。

いい店だなあ、ここ。


お一人様でも来れますよ。

通りに面したカウンター席があるから。


danekoも今度はひとりでカウンターで。

昼間からワインとつまみで乾杯だあ!


バゲットサンドやキッシュなども美味しそう。


おフランスのホットサンド、

クロックムッシュやクロックマダムももちろんあります♬


こちらは8ドル〜10ドルくらい。

ノースの流行りのカフェよりずっとお値打ちだ(^^)v


アクセス


L’atelier du Fromage

3-5 McColl Street, Newmarket, Auckland

☎ 09 524 8524



【しろねこにちょいとポチを♬】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
まるでワタシのためにあるような店だワ(^q^)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA