オークランドに来たら一度は行こう!Giapoのアイスクリーム

giappo 201910 homemade classic cone



以前はクイーンストリート沿いのシネマのビルにあった、

装飾の多いアイスクリーム屋さん、ジアポ。


今はシティのゴア・ストリートに移転しています。

昔より、さらにインスタ映えを狙ったメニューの数々


アイス自体は美味しいので、

一度は試してみてもいいんじゃないかな??


実は、久しぶりのGiapo



前回来たのは、いつだったろう・・




2年前かあ・・甘いモノは苦手だしなあ(^_^;)


今年も近くを通ったときに寄ろうかどうか、

実はかなり迷ったことがある。


だがしか〜し!!

こちらのアイスはでっかいのだ。


お連れ様がいなければ、

danekoが完食できないのは明白。


と泣く泣く諦めたのだった。


でも、

この日は同行者を無理やり誘ってやってきた。


giappo 201910 queue
オオオ〜!!!

さすがの行列。


ちょっとひるみかけたdanekoに、

ジアッポのご近所に住む同行者がいう。


同行者
これ、めっちゃマシな方ですよ。

いつもはもっと並んでます(-_-)


とのこと。

いや〜、それじゃあ並ぶしか無いですね。


並んでいると、チョコが来た



若者も多いが、

旅行者らしき中国人のグループも。



giappo 201910 customers
並んでいると、

店のおねーさんがチョコのかけらをお盆に乗せてやってきた。


自由に食べていいというが、

これからアイスを食べるので、ひとかけらだけ。


と思いきや、けっこうもったりしたチョコ。

夕食後だったので、おナカができてしまったではないか。

これは、マズい・・・


教訓:チョコが出ても食べないほうが良い(ー_ー)!!



giappo 201910 exterior
だんだん近づいて行ってる・・かも。


行列が進まないわけは、

この店の販売システムにあった。


ジアポのユニークな販売システムとは



待つこと15分くらい?

まあ、連れがいればおしゃべりしていればよい。


そして、


giappo 201910 interior
やっと入れた店内。

だが、ここでまたしばらく待たされた。


なぜかというと、Giapoでは試食してから選ぶしくみ。

まず、カウンターで試食をする。



giappo 201910 counter
客がアイスを選ぶカウンターは店内に2つだけ。


ここに、各テーブル6名ほどのお客が招かれ、

基本のフレーバー、9種類を試食させてくれる。


以前のお店の時は、サーティワン方式だった。

興味あるものを指差して、試食させてもらっていた。


ただ、それだと何か不都合があったのだろうか。

今はカウンターに客を集めるワイナリー方式。


どっちがいいかは・・お客さん次第。


インスタ映えならまかしとき!



2019年現在、

ジアポのビジュアル度はさらに上がっている。


たとえば・・


giappo 201910 options
こんなオプションが有る。


スカイタワーは23ドル。

セルフィー用のフレームは23ドル。

イカのオブジェは26ドル。

指に指すコーンだと、12ドル。


が、指差しコーンを頼んでいる客はほとんどゼロ。

量が少ないからですかね〜(^_^;)


danekoたちはインスタ映えにおカネをかける気がなく、

ごくふつうのバージョンにした。


ホームメイド・クラシック・コーン

13.5ドル


daneko
アイス一個に、13.5ドルかあ・・・

いま円高だからかろうじて1000円を割っているけど、

なんだかね〜、なお値段である。


注文してから10分、アイスが来た!



さて、

カウンターで知らないお客と顔を突き合わせ、


基本のフレーバーはココナッツベースにクッキー&クリーム。

に決めたのだ。


なぜかって?

それが一番あっさりしてそうだった。


シャーベットを食べるには、肌寒いし。


こちらのアイス、

従業員さんが好きにトッピングしてくれる。

それを拒むことはできない。


で、支払って待つこと10分。

やっとdanekoの名前が呼ばれた。


あ、そうそう、

こちら、キャッシュは使えないんですよ。カードのみ。



giappo 201910 gold cone
ジャジャジャジャーン!

アレ(?_?)(?_?)


なんだこの、ゴールドのド派手なコーン。

同行者と首をかしげる。


たしか金なんか選ばなかったゾ。。

といぶかっていたら、


血相変えた店のおねーさんがやってきて、

瞬時に同行者の手から金コーンを奪っていった。


ありゃありゃ、

オーダー間違えたのね。


それみよ、danekoたちが、

良心的な日本人だったからよかったが、

他の客ならもうかぶりついていたであろう(-_-)


ったく、

お礼くらい言ってほしいものだ。


アイス天国?アイス地獄?



そこからまた、数分待った。

食べるまでが長い店である(-_-;)


お急ぎの方はぜひ寄らないでくださいね。。。



giappo 201910 homemade classic cone
来た〜!!!

んんん??


なんかチョコチップクッキーが張ってある!

甘いものに、甘いもの。


1. ベースのココナッツ・アイスに、

2. ダークチョコがコーティングされ、

3. 白いパフがトッピングされ、

4. チョコチップ・クッキーが貼られている


という、4重苦である。

いやはや、もうアイス地獄。。。


いえいえ、群れをなす外のお客さんをご覧あれ。

ガイジンさん達にはアイス天国。

誰もが笑顔で完食しているではないか。


同じアジア人の中国からのグループも、

残している様子はなかった。



giappo 201910 eat in
danekoたちも、もちろん果敢に食べる。

外はお寒いので、店内カウンターでイート・イン。


ちょうど席が空いたのでラッキーだった。

店内はカウンター6席くらいしかありませんよ(-_-;)

春先のdanekoには辛い、アイス修行である。


ふうふう、

でももう、食べきれない。


giappo 201910 funny face
おっと、これは面白い!


情けないオジサンの顔みたい。。

いや、danekoのいまの心境を表している??


偶然にも、アイスのアートが出てきて大ウケ。

これで13.5ドルの元が取れたであろうか。。


もう次は、来年くらいでいいかな。

ものすごく重いアイスクリームであった。


食事の後に行くのなら、3人でシェアでもいいくらい。


帰宅後も、

おナカが重くてすぐには寝れないdanekoであった。

ちゃんちゃん(了)


アクセス



Giapo

12 Gore Street, Auckland




【しろねこに応援ぽちを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
コラ、daneko、ワタシに声掛けもなく(-_-メ)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA