なんてない、ふつーのアイスクリーム・ショップ・Newzealand Natural(-_-)

元スカイシティ・シネマ、

現在は、スカイワールド・エンタテイメント・センター(^_^;)

 

の、フードコートで鶏白湯ラーメンを食べたあと、

danekoはふと、この看板が目にとまった。

 

newzealand natural

New Zealand Natural

 

ここは、以前どなたかのブログ記事で、

アイスが2ドルとか買いてあったアイス屋さんじゃないか(?_?)

 

ラーメンもそんなにポーション重くなかったし、

ワンスクープくらいなら食べれるかも、と近づく。

 

横から見たところ。

お店のおねーちゃんがあまり親切そうでないので、

 

正面からアイスケースの写真を撮るのははばかられた。。残念だ。

まだまだ、修行がたりないなあ(^_^;)

 

ところが、アイスワンスクープは、4.9ドル。

しかも、コーンでもカップでも同じ値段!

 

なんか、安いコーンなのかなあ。。

と思いつつ、コーンで注文してみた。

 

チョコレート・エクスタシー  (笑)  

名前が激しくアイスを裏切っている。

 

チョコレートのは一種類しかなかった。 これで4.9ドルかあ。

ニッポンのサーティワンが懐かしく思われる。。

 

で、お味だけど、

ぜーんぜんふつうのチョコアイス(-_-;)

 

少し詳しく言ってみれば、まずチョコレートが凡庸。

この国の、なんてないチョコを使っているので、

 

カカオの深みもなければ、ほろ苦さも皆無。

ヨーロッパのチョコを使えとは言わないけど、

ハーシーチョコレートシロップでももう少しマシなんじゃないか?

 

あ、ここのアイス、スーパーでも売ってますね。パックで。

買ったことはないけど。

 

やっぱNZメイドなら、Kapitiかなあ・・

アイス詳しくないから断言はできないが。

 

A pure taste adventure

だって(^_^;)

 

残念ながらぜーんぜんアドベンチャーじゃなかった。

えーっと、念のためホームページを覗いてみると・・

 

1980年代に、クライストチャーチのアイス大好きおじさんが、

アレルギーが酷くてそれがアイスの添加物のせいと気づく。

 

おじさんは無添加のアイス屋を始め、それはついに、

オーストラリアのボンダイ・ビーチにも進出。

 

いまでは世界30カ国以上に輸出しているという、

まあいわゆるサクセス・ストーリー。

 

ホームページから取ってみました。

たしかに、色がギトギトしてなくて、自然のものって感じはするね。

 

しかし、いまやいい材料を使って正直につくるなんて、

大手のアイス屋さんでも当たり前にやってることなのでは(?_?)

 

その上で、いかに美味しいかを競ってる時代だよね。

 

New Zealand Madeを誇りにするだけだったら、

アメリカのクルマ会社と大して変わらないゾ(ー_ー)!!

 

あ、でも・・

1個2ドルならぜんぜんアリですよ〜(^^)v

 

どこで売ってるんだ、ここの2ドルアイス。。

 

New Zealand Natural

Foodcourt, Skyworld Entertainment Center
291-297 Queen St., Auckland

 

【しろねこにもちょっとポチを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ワタシはBen&Jerry派かしら。。

Kapitiより乳製品たっぷり感がいいワネ♪♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA