ベルトサインが点灯中でも、クルーは動ける場合もある。

 

そしてそのチャイニーズ系クルーは、

danekoのもとにやって来て、

 

「Ms. daneko、スカイカウチへようこそ〜♪」

 

と、衆人注視の中で話しかけてきたのだった。

は、恥ずかしい・・

 

でも・・あれ?

 

エコノミークラスで名前呼ばれるなんて、珍しい。

ビジネスクラスならともかく。

 

そしてそのテンションの高いチャイニーズ系クルーは、

座席ポケットからスカイカウチの説明シートを出し、

danekoにレクチャーし始めたのであった。

 

周りの人にジロジロ見られるのが嫌だったdanekoは、

「スカイカウチ、初めてじゃないのでだいじょうぶ」

と断った。

 

「アラ、いつもご利用ありがとう!私はナンシー、よろしくね」

と言って、いったんは引き下がったナンシーであった。

 

なんか、周りのツアー客がコソコソ話している。

「アレ、横になって寝られるのよ」とか、

 

「足元が出てきて、広くなって・・」

などと、スカイカウチを知ってる人もいるようだ。

 

そしてナンシーは、ベルト着用サインが消えると、

スカイカウチ用のシートベルトを持って意気揚々とやって来た。

 

なぜだかとても、張り切っているクルーである。

 

「ハ〜イ、Ms. daneko、ベルトを持ってきたわよ〜♪♪」

と相変わらずテンション高い。

 

airnz skycouch belt&seat

こんな、ベルトパックを持ってきたのである。

danekoはナンシーが持っているところを写真に取ろうと思った。

 

しかし、そんな思いつきが運のツキ(-_-)

ナンシーは、

 

「アラ〜、もちろん写真撮ってあげるわよ〜♪」

といいつつナンシーはdanekoのスマホを取り上げてしまった。

 

ええ〜! 私の写真じゃなくて、スカイカウチ用ベルトなのに・・

 

しかしナンシーはかまわず、danekoの写真を撮ろうとする。

「ハイ! 1,2,スリー♪♪」

 

仕方ない、気に入らなきゃ後で消せばいいのだ。

しかし、周りの人たちがジトッと見てるゾ(-_-;)

 

「OK♪ 後でアナタが寝そべってる所も撮ってあげるわよ〜♪♪」

と、ますますハイテンションのナンシーである。

 

いやいやいや、もうdanekoの写真はいいから・・

と焦りつつも、「Thank you so much」とお礼は言っておく。。

 

でも、この騒ぎ?のおかげで、

danekoに「隣、空いてますか?」という人はひとりもいなかった。

 

気まずい空気にならず、ホッとする。

念のため、お布団セットを通路席の足元に置いておこうっと。

 

と、ラップでぐるぐる巻きにされているパッドと枕を、

誰かに座られないように置いておいた。

 

それほど・・機内は満席で、ぎゅうぎゅうで、

皆、自分の空間の狭さに早くもウンザリした空気が漂っていたのだ(^_^;)

 

あ〜あ、ちゃんとおカネ払って3席分買ってるのに、

こんなに気を使わなきゃいけないとは、

 

エコノミー貴族も辛いもんである(-_-;)

 

 

airnewzealand fruits meal

やがて食事が運ばれてきた。 フルーツのみの、フルーツ・ミール。

 

事前に予約していたミールは、真っ先に運ばれてくる。

これがポイント。

 

皆の食事のカートがガラガラとやって来る前に、食べ終えることができる。

そして、danekoは後ろのギャレーにトレーを自分で返却してしまう。

 

なぜか??

ニュージーランド航空は、食事のトレーを下げるのがめっちゃ遅いからだ。

 

食事トレーがいつまでも目の前のテーブルにあると、

邪魔になって仕方がない(ー_ー)!!

 

なのでdanekoはエコノミー席に乗る際は、

必ずフルーツ・ミールを頼むのだ。

 

別にベジタリアン食とかでもいいのだが、

フルーツだけのほうが、早く食べれておナカに軽い。

 

え?そんなものでお腹いっぱいになるのかって(?_?)

 

もちろん、お腹いっぱいにはなりませーん。。

だけど、搭乗前にラウンジでちゃんと食べてるからOK♪

 

機内ではむしろ、あまり食べ込まないほうがおナカが軽くてよい。

というのがdanekoのポリシー(くだらんポリシーである。。)

 

しかし今回、パソコンをスーツケースに入れて預けてしまったので、

パソコンケースに入っていたイヤホンが無いことに気づく。

 

 

airnz regular headphone

これこれ、このヘッドホン。 ご存じの方多いと思うけど・・

見掛け倒しでぜんぜん質が良くないの(-_-)

 

音漏れも激しい。っていうか、エンジン音にかき消され、

音が聴こえない、ほとんど。。

 

これでは映画も見れないではないか・・・

自分のノイズ・キャンセリングのイヤホンが懐かしい。

今回は機内ビデオ、見れないか(T_T)

 

と思っていたら、ナンシーがやって来た。

「ほらこれ、こっちのほうがいいでしょ?」

 

 

airnz premium headphone

と、プレミアム・エコノミーやビジネスクラスで使われているものを、

danekoだけに持ってきてくれたのである(^^)v(^^)v

 

わあ〜気が利く!

とdanekoもこのはからいには、文句なくありがたく、お礼を言った。

 

周りの人がまた、「なんだなんだ」と注目する中を、

ナンシーは、ドヤ顔で去っていった。。。

 

で、フルーツをあっという間に食べ、トレーを下げ、

ワゴンが食事を配り終わったのを見はからって、

トイレにも行く。

 

なぜなら、食後はトイレが混雑するからだ。

この点も、特別食のいいところ。

 

エコノミーに乗る方は、いっぺんくらい、

ベジタリアン食を事前に頼んでみるといいのかも(^^)v

 

肉や魚は入ってないけれど、

卵や乳製品OKの「ラクト・オボ」ミールなら、

普通食とそんなに変わらないのでは・・

 

ウワサによると、ベジタリアン・ミールには、

カレーが多いとか。

 

今度danekoもいっぺん頼んでみようかな。。

ベジーの友人によると、悪くないそうだ。

 

さてさて、今回のスカイカウチ編、そろそろ完結しますが、

このあといよいよベッドにしてお休みタイムです\(^o^)/

 

続く。。。

 

【しろねこにも応援ぽちをm(_ _)m】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

フルーツ・ミール、許せない食事だワ(-_-)

 

 

関連記事