オークランドでスイーツ・吉沢さんのお団子2種、懐かしい日本の和菓子

yoshizawa 201911 dango 2kind


この日、シティでの用事が終わり、

数年ぶりに再訪したかった韓国料理の店へ。


肌寒い日だったので、

スンドゥブ・チゲ(豆腐チゲ)がとても食べたかった。


しかしメニューを見ると、

こちらのスンドゥブ・チゲはタマネギ入りだと。


店の人に頼んで抜いてもらったのはいいが、

やって来たのは豆腐と卵だけのチゲ。


しかも卵は火が通り過ぎでガチガチ(@_@)


半熟卵を溶かしながら食べる、

チゲの楽しみを奪われたdanekoのお腹は、

不満がふつふつと溜まっていた。


そこで、ほど近い吉沢さんへ。

横断歩道を渡ったのだった。


Yoshizawa



NZ在住の日本人と話すと、

みんな吉沢のことを知っていて、

一度は行ったことのあるひとがほとんど?


だが、この日は午後7時前というのに、

店内には二組の客しかいなかった。。




yoshizawa 201911 exterior
こんな入口。

間口は狭いので、通り過ぎないように。


卵ガチガチの韓国料理店が大人気というのに、

なぜ? とdanekoは不思議に思ったのだ。


・夕食に使う人が少ないのか

・夕食を楽しむ雰囲気ではないのか

それとも、

・吉沢のメイン客層は月曜日の夜に外食などしないのか


勝手に理由を推測してみた。


danekoは数回しか食事をしたことはないが、

お値段は良心的だし、

味も特に文句はない。こういう店として。


まあ、danekoが夕食処として常用するには、

まずちょっと店内が寂しいですね。


たとえば、ライティングとか。

店内のインテリア。

テーブル&椅子のアレンジやセッティング。


とはいえ、

danekoのような客がメインな客層のはずがない。


大学近いから、学生さんとか、

ランチタイムはシティで働く人達がメインじゃないか?


それにしても、店のコンセプトというか、

たとえば学生相手にしても、

もうちょっと、手を加えたほうがいいとは思う。


そんなにおカネを掛けなくってもいいのだ。


たとえばサイモン・ストリートの一休なんか、

そのあたりをよく押さえている内装である。


居心地のいいインテリアって、

ほんのちょっとの違いだと思う、


色調の統一感とか、

照明が温かみがあることとか、

壁に雰囲気を盛り上げる絵やポスターなどなど。


せっかくのお料理やスイーツが、

さらに美味しく食べれる空間作り。

期待しています(^^)v


おめあては、お団子2種



吉沢のスイーツでは、

シュークリームもよく知られている。



だが、danekoは和菓子党。


こちらでは、団子が一番のお気に入り。

他では絶対売ってないもんね。


上新粉を使ったシンプルなお菓子=団子。


以前、

ホームパーティに作って持ってきた人がいたけど、

やはり、お店の味は何かが違う。


そう、着地点がちゃんと定まっていますね。

なので、danekoは自分で作ったりしない。


え?

誰かが作ってくれれば喜んで食べますよ(^q^)




yoshizawa 201911 dango
この日も、あんことみたらし。

一串2.5ドルでした(2019年11月現在)


良心的なお値段に安心して、

セルフのショーケースを開け、

持ち帰りパックに自分で詰める。


しかし、この後が問題だ。

以前のようにプラスチックバッグは無い(ー_ー)!!


danekoはトートバッグの中に、

ひっくり返らないように入れるのに苦労した。


手で持ったまま、バスに乗るのは恥ずかしい。

透明パッケージですからね。

お団子2本が丸見えよ(^_^;)


きなこのお団子もあったよ!



danekoはきなこが好きでない。


あの、粉々した舌触りと、

独特の、ヒヨコの餌のような臭いと、

(このニオイが香ばしいという人もいますね)


そして、

しばしば粉砂糖とミックスしてある感じが、

子供の頃からダメなのである。。


でも、

きなこ好きな人は、きなこ団子をぜひどうぞ。


粉に包まれているので、

団子の表面が乾燥しなくていいのでは?


あん団子は、餡に包まれていない面があり、

冷蔵キーパーの中でちょっとだけ乾燥していた。


子供のdanekoが通ったお団子屋さんは、

いつもあん団子をセロファンみたいなので包みこみ、

乾かないようにしていたのを思い出した。




yoshizawa 201911 dango 2kind
そんな懐かしい思い出も一緒に食べる、

あん団子とみたらし団子。


子供の頃は醤油のフレーバーが嫌いだったのに、

今は、みたらしも好きになった。

danekoの故郷では、「みつ団子」と呼ばれていた。


みなさんは、お団子の思い出、ありますか?


思い出したら、

シティの吉沢さんに行ってみよう♬


アクセス



Yoshizawa 吉沢

9c Victoria Street East, Auckland CBD



【しろねこにもポチッと応援してね♬】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
30ポチで団子一本もらえるのヨ、danekoのケチ(-_-メ)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA