おフランスのサンドイッチは偉大だった!

paris 201911 sandwitches


今週、実は目いっぱいゆとりのないdaneko。

本日はサクッと投稿したいと切に願っている。


すみません。。。


そうそう、

おフランスはパリの記事が意外にも人気のようだ。




読者様はパリがお好きなのかもしれない。

そこでdanekoは考えた。




paris 201911 sandwitches
じゃじゃ〜ん!!!


フランス最終日、土砂降りの雨の中。

バス停で空港バスを待っていたのだが、なかなか来ない。


いえね、一台来たんだけど、

お客さんが多過ぎて乗るのをあきらめたのだ。


この日、電車のストかなんかあったらしく、

空港バス乗り場は激混みだった。


ま、おフランスのストは常にあるもの。


冷たい雨が斜めに吹き込むバス停で、

danekoはカラダが冷えて、空腹だった。


そこで、横断歩道を渡り、

道路の向かい側のカフェに。


そう、

おフランスのサンドイッチは、

ご存知、バゲットサンドなんである。


これを忘れていたdaneko、

サンドイッチといえば、




dusky rose 201910 table set
こういうものを思い浮かべていたのだ。

ついつい、条件反射というものである。


NZもだいたい3角サンドですからね(^_^;)


で、バゲットサンド・

中身は、ソシソン・セック。


ソシソンは、ソーセージ。

セックは、辛い。


つまり、辛いサラミソーセージのサンドイッチ。

辛くないのも選べましたよ(^^)v


パリ、リヨン駅そばの何気なカフェだけど、

バゲットの美味しさに、完食。


なんだろうなあ。。

小麦粉が違うんじゃなかろうか。


それと、バゲットの塩加減。

塗ってるバターもNZより美味しい。


ごちそうさま。

チップあげたらものすごく喜ばれたよ。


お釣りの3.5ユーロだけだったけど。

まあ、お会計の20%くらいだからいいのかな。


雨宿りして、雨が小ぶりになったので、

外へ出たらバスも来た。


無事、シャルル・ド・ゴール空港へ着いて、




paris 201911 CDG airport
ANAのカウンターへ。

出発時刻の3時間前からしか手続きしない。


新鮮だったのは、すべてのカウンターには、

日本語ができるフランス人がいたこと。


みな親切で、ここから日本が始まってました(^^)v


【しろねこにもポチッとありがとう】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
ハイ!私は辛くないソーセージ派ヨ!



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA