danekoのNZホテル隔離日記Day9・美味しいカレーと通販事情

isolation meal 2020 Day9 cucumber


danekoのNZホテル隔離日記はシリーズです。

ひとつ前の記事は、こちらをどうぞ。



本日は、隔離生活で足りないものをどうするか?

をお送りします。

PCR検査の結果は・・・


りんごジュースとともに朝が来る



美味しいですね。りんごジュース。

そんなにキンキンに冷えてはいないので、

イッキ飲み、できます。



isolation meal 2020 Day9 B2
もうオレンジには戻れない・・・



isolation meal 2020 Day9 B
いつもの朝ごはんも、検査結果の電話を待ちながら。


ジャンジャンジャン!

と電話が鳴ったので、



daneko
キャ! 検査の結果がとうとう来たか!


と受話器を取ったのだが、

フロントのベルキャプテンからであった。


通販はアルコール以外ならOK



注文してから、3日目。まあまあかな。



Mum, パッケージが届いてますよ。 

取りに来ますか? 

それとも、開封して中を確認してからお部屋に持っていきましょうか?


と、いうオファーなのであった。


たしか、1.5リットルの水を6本頼んでいた。

Warehouse という店のオンラインである。


日本で言うと、どこかなあ・・

ちょっとカインズみたいなところ?


ニュージーランドの場合には、

しょうもないクオリティの安物もあるので注意だ。


danekoは今回、

水6本とヨガマット、チョコレートにスポンジ。


お掃除用にキッチンペーパー。

という脈絡のない買い物をしていた。


部屋のコップやグラスを誰も洗ってくれないので、

キッチンスポンジが必要になったのだ。


台所用洗剤は、洗面台の下に備えてあった。

だったら、スポンジも用意してほしいものだ。


水6本を自分で持ってくるのは大変だ。

開けられてもいいから持ってきてもらおうっと。



daneko
開けていいから、部屋まで持ってきてね〜


と頼むと、10分くらい待ってほしいとのこと。

ニュージーランドの10分じゃ、30分くらいかな?


と高をくくっていたら、5分もたたずにノックの音。

マスクを付け、ドアを開ける。


ニコニコしたホテルマンは、床に箱を置き、


重いね〜


と言って帰っていった。


そりゃね、あなた達が水をくれないからよ。

ランチとディナーのドリンクに水を頼めるのだが、


一日1リットルではけっこう足りない。

ホテル内で買うと、1.5リットルが4.5ドル。


これでは、水貧乏になってしまう($・・)/~~~

ウェアハウスなら、1本が1.5リットルであった。




isolation 2020 online shopping
じゃ〜ん!

汚い箱ですね(^_^;)


なんていうか、日本のアマゾンの箱が、

とっても立派だったのだと思い出される。


あ、そうそう。暖房の効きが悪いので、

ひざ掛けも買ったのであった。




isolation meal 2020 day8 sponge
2ドルのスポンジ。

このあと、青汁のシェイカーを洗ったら、

すぐに破れてしまった!


シェイカー、プラスチックなのになあ・・

ニュージーランドの安物は、百均の足元にも及ばない。


ランチはカレーで大当たり



Day9 のランチは、バターチキンカリー。

「どうなのかな・・?」とフタを開けると、




isolation meal 2020 Day9 L2
グギャ〜!!

大嫌いなキューリがど〜ん!と乗っかってる!

あ〜もう、終わった。


と、仕方なくキューリをどけようとしたら、





isolation meal 2020 Day9 cucumber
ハレ〜〜?

何これ? 切り方失敗した漬物みたい。


サラダのつもりかもしれないけど、

もちょっとちゃんとしてよ(~_~メ)


と、一口だけ胡瓜を食べてみた。


daneko
む、食べれる。え?なぜ?


と、danekoはひとり驚いて声をあげていた。


胡瓜は、ピクルスであった。

なんともい〜い具合に浅く漬かっている。


甘酸っぱさ加減がよく、青臭さが消えていた。

カレーも美味しい。


グレービー(カレーソース)も、チキンもGOOD。

辛さもちょうどいいではないか。

よし! これで一気に幸せに♬




isolation meal 2020 Day9 L
ワインも準備して、午餐を楽しむ。

いいですねえ、ホテル生活。


PCR検査の結果がまだなので、

相変わらず心の奥底の不安は消えないけど、


もう、開き直って、

お迎えが来るまでは、楽しんでしまおうかな?


また、地雷の豚肉料理か?



そして、夜は酢豚であった。


ニュージーランドで酢豚って言ってもね、

なんちゃって酢豚ですよ。


このホテルのシェフ、

どうも中国系ではないようだ。


カレーがやたら美味しいから、インド人?

という予測を立てていたdanekoであった。

もちろん、確かめるすべはないが・・




isolation meal 2020 Day9 D2
真上から撮ると、いい感じに見えませんか?

さてさて、まずはサラダから。


ブラックオリーブがいいアクセントなのです。

でもでも、肝心の酢豚は・・・


ええ、豚肉はね、まあ食べれないこともないけど、

っていうレベル。


ニュージーランド、豚肉は発展途上なのだ。

日本の美味しい銘柄豚が懐かしい。。。




isolation meal 2020 Day9 D
味付けは少し酸味が強いけど、まあまあかな。

中華というより、なんかのフュージョン風。


悪いことに、ご飯がネチャついていた。

ご飯もフュージョンってか?

いただけませんね。


パプリカ、人参、セロリ、玉ねぎ。

貴重な野菜は完食し、豚はほとんど残す。


なんですかね。

食べても幸せにはならない豚肉であった。


それにしても、

PCR検査はどうなったのだろう。。。


明日でもう、5日目だよね。

夜はもう連絡ないだろうから、明日かなあ。


ニュージーランドをよく知る友人たちが、


きっと検体を無くしたんじゃない?


と笑っていた。


そ、そんな・・


連絡担当が勘違いして、連絡済みにチェックしちゃったとか。

いろいろ有ること無いこと考えます(T_T)


こうしてdanekoの運命は、

テキトーなニュージーランドに翻弄されていた。。


【しろねこのツッコミにポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
チョット、心配なら早く電話かけなさいヨ(-_-)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA