帰国後何が起こったか。。danekoはまだ、生きてます

auckland airport 202007 2nd floor


本当に長いこと、

ブログを書くことをご無沙汰してしまった・・


日本は相変わらずのお忙しの国



もっと早く再開する予定だったのだけど、

日本に戻っている今、

ニュージーランドのようなゆとりがまったく無い。


日本とはなぜ、こんなに忙しい国なのだろう(?_?)


え?

自分自身で忙しくしてるからじゃないのかって?


たしかに、それもあるのだろうけど、

日本での仕事をひとつ片づけると、



ハーイ! ごくろうさま!

よくやったね、次はコレとコレとコレだよ〜♬



てな具合に、

新しい仕事が3つくらい生まれるのである。


かくして、効率よく仕事をすればするほど、

新しく、また刺激的な仕事も現れ、


夢中になって時間を過ごすうちに、

スケジュールが黒く埋まっているのだ。


zoomでのやり取りは増えたけど、基本は同じ。

むしろいま、コロナ対策もめちゃ多くなっていて、

儲からないのに面倒な仕事も多いのである(-_-;)


そんなdaneko有限公司。

しかし、もうブログを始めるのだ。

始めなければいけない。


人のいないオークランド空港、ふたたび



Macbookの写真アプリを振り返れば、

danekoの日本帰国の出発日はすぐに分かる。

なぜって、




auckland airport 202007 checkin area
こんな、ガラガラの空港が現れるからだ。

今見ても、??疑問符がいっぱいである。


この、不要になったロープは何のためだった?

かっては、

あふれかえる旅行者を順番に運ぶためだったのだ。


そんなものが、必要だったのだ。

しかも毎日毎日・・


このベルトパーティションとか言うもの、

再び必要となる日はいつなのだろう?


チェックインを終え、

壊れ物の荷物(ワインだ)を預け終えて、

2階に上ると、




auckland airport 202007 2nd floor
これまた、ガラ〜んとした光景が。


いや、写真には撮らなかったが、

実は女性が二人と赤ちゃんがひとり、いたのだった。


そのうち一人は見送りである。

ハグなんかして、いいのかな〜って、


アジア人のdanekoはついジト目で見てしまった。

す、すみませんm(_ _)m


東京での隔離生活は・・



この後、シドニー経由で東京に。

そして、15泊16日の隔離生活が始まった。


その隔離生活があまりにも消耗戦で、

danekoは精神的にも肉体的にもマイってしまったのだ。


え?

こんな便利な日本で何があったのかって(?_?)


それは・・すぐブログに書くはずだったのだが、

楽しいことがほとんど無くて、

正直書きたくなかったのである。


でも、そんな日本のヒドい隔離生活も、

誰かの道しるべになるのかもしれない。


と、いうわけでまた、

「もうひとつの隔離日記・東京編」

おヒマな方は読んで行ってくださいね(^_-)


【しろねこも戻ってきたよ!】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
チョット、ワタシが戻ってきたんじゃなくて、

danekoが勝手にサボってただけデショ(-_-メ)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA