ニュージーランド隔離ホテル日記Ⅱの3・成田空港はゴーストタウン?

202105 narita ap departure



この記事では、成田空港での出発から、

オークランド空港到着までをお伝えします。


え? ひとつ前を読んでない(?_?)

そんなアナタはこちらをどうぞ〜。




ではでは、本日のお題に入りますね(^_-)


成田でラグビー選手と遭遇するも



ニュージーランド航空・東京ーオークランド直行便は、

今現在、成田から週1回のみ。


土曜日しか飛んでいない。。


以前は関西便ふくめ、日に3便出ていた頃もあったのに、

情けないお話である。


やっと手にした航空券でチェックインしようと、

ニュージーランド航空カウンターにやってきたdaneko。



202105 narita airnz premium checkin
(前の記事の画像)

そこで目にしたのは異様な光景であった。


・大荷物
・家族連れ。しかも赤ちゃん多し
・お父さんみんなガタイ
・お母さんみんな美人

なんだこれ(?_?)

danekoはひらめいた。プロのスポーツ選手だ!


日本ならば、野球かサッカーかなって思うけど、

ニュージーランドなら他にもありますね。


ラグビーとか。クリケットとか。

でも、クリケット選手が日本には来ないだろうし。


で、係の人にこそっと聞いてみると、

どうもラグビー選手の集団らしかった。


やっとのことでチェックイン終了



荷物が多いせいなのか、コロナのせいなのか、

列はなかなか進まない。


仕方なく、選手とその家族を眺めていると、

やはり、奥さんたちが美しい。


子供を生んでぽっちゃり気味のヒトも少しはいたけど、

独身時代はそうとう美しかっただろうと想像される。


選手たちもイケメンが多い。

ま、danekoの西洋人イケメン判定はあてにならないが(^_^;)


おおむね精悍な整った顔立ち。

ゆえに、赤ちゃんたちもカワイイのである。


ハア〜、人生の成功の法則か。

モテ男+モテ女=可愛いベイビー

ってね。。


などとつらつら考えていたdaneko、

でも、ラグビーのことはてんでわからないので、

選手たちが有名なのかどうなのかも知らぬ。


そうこうしているうちに、やっと順番が来た。

荷物の件、座席の件、

すべてアナログで確認を取るのだ。


今回はそんな個人的なことに加え、

隔離ホテルのバウチャーと、

陰性証明書の提示が求められる。


隔離ホテルバウチャーをプリントしてなかったdaneko、

スマホのicloudから書類を取り出せず、めっちゃ焦りまくった。


しかしここはもう、ニュージーランドのようなもの。

daneko
え〜っと、え〜っと、ちょっと待ってくださいね・・

とつぶやきながら、必死でスマホをいじる。


後ろに人が並んでいたっておかまいなし(^_^;)


パソコンのデスクトップには入っているのだが、

あいにくもうスーツケースの中だ。


結局、icloudから取り出せず、

MIQのサイトにログインしてバウチャー画面を見せた。


ホッ!

この隔離バウチャーは、NZ政府発行のものだから、

本来danekoの名前などすべて登録済みと思うのだが、


航空会社カウンターでは名前で確認してはくれない。

バウチャーを提示して初めて照合してくれる仕組み。


念のため紙ベースで持っておくことをオススメします(ー_ー)!!


ANAラウンジも縮小され、不便かつ寂しい



danekoはANAのステータスがあるのでラウンジが使えるが、

おねーさんによると、ひとつはクローズ中とのこと。


アラアラ、でもそうだよね。この便数じゃ。


しかも、搭乗口から遠い方しか開いていないのだそうだ。

いろいろ不便なコロナ禍である。


danekoはお腹を空かしていた。


昼便で福岡を発ち、

羽田に着いてすぐタクシーに乗ったから、

お昼抜きなのだ。


よって、がっついてしまう。。

お恥ずかしい(^_^;)



202105 ana suite lounge food
いただきま〜す。

東京は今、禁酒法ですけどね。


ここは千葉だから、シャンパンが飲めるのか。

それとも空港は治外法権かな?


そうそう、ANAの国内線プレミアムクラスでも、

先日お酒がバンバン出ていたゾ。


福岡ー東京便。

出発地も到着地もどっちもお酒禁止だけど、

空の上はやっぱ治外法権であった。



202105 ana suite lounge soba
ささ、ヌードルバーのお蕎麦を食べなくちゃ。

これが日本出国前の儀式なのだ。


なにね、ふつ〜の関東風の蕎麦ですよ。

かき揚げも揚げ立てじゃないし、ごくふつう。


けれどこれが最後の蕎麦となるのだ。

シャンパーニュとともに心していただく。


お出しは多少甘めなので、

七味唐辛子をたっぷりと掛けて誤魔化す。


ラウンジには、さっきのラグビー選手たちが、

マスク着用で大声で喋っている。


選手たちが3人以上集まっているエリアは、

熱気がこもって独特の空気を醸し出す。


なんかね〜テンション高いんですよ。

スポーツ選手って(^_^;)


いよいよ搭乗ゲートへ



さあ、遠い遠い搭乗ゲートへ向かうのだ。


ラウンジ内に搭乗アナウンスが響くと

ラグビー選手たちも三々五々、立ち上がった。



202105 narita ap vacant
ゴーストタウン。

両側のお店はほぼ閉まっている。



202015 narita ap
ゴーストタウンその2

こんなに人のいない成田空港、恐ろしくなってくる。



202105 narita shops closed
ありゃありゃ、こちらのお店もクローズ。


バオバオに、イッセイ・ミヤケのプリーツ。

開いていればのぞきたかったなあ(T_T)


搭乗ゲート36番。

たっぷりとゴースト空港を堪能して、機内へ。


パスポートを見せるときだけ、マスクを外せと言われます。

このタイミングでくしゃみとかしたら相当嫌がられそう。


機内でも、ラグビーチームだらけの空間に



アサインされた席に座ると、

あとから続々と、選手とその家族が乗ってきた。


アラアラ、また一緒なのね。この人たち。

スポーツ音痴のdanekoにつきまとう、

わけわからんエネルギー集団である。


皆すごく、嬉しそう。

日本の旅は楽しかったのかな。


お酒は部屋で飲んだのだろうな。

家飲みは慣れてるよね。キウィなら。


無断で写真を撮っては悪いので、

残念だけど機内画像なし。


だって、

danekoの周りはほとんどそのグループだらけで、


何を撮っても彼らが写ってしまうのだ。

娘danekoにLINEをしたら、

娘daneko
一緒に撮ってもらうといいよ

と言われたのだけど、一緒にセルフィーするにも、

名前くらい知らなくちゃね。


興奮して?爪を折る



なので、もうファン的行動はスルーして、

いつものとおり、機内ビデオを見ていたら、

CAさんが何か聞きにやってきた。


急いでイヤホンを外そうとして、

手が何かにぶつかった。硬いもの。

シートベルトのバックルだ(T_T)


瞬間、爪が折れた感覚があった。

うっわ〜! こんなところでこんなタイミングで!


爪を見ると、上の白いところのキワで折れていた。

これはもう、遠からず剥がれるな。


あれ、痛いんですよ。剥がれたところが空気にしみて。

それまで爪で隠れてた部分の皮膚だから。


プラスターをもらったけど、

バンドエイドじゃない、安物だからすぐに取れちゃう。


danekoもテンション高くなっているのだろうか。

白ワイン飲んでもう寝ちゃおうっと(-_-)zzz


ひさびさの、オークランドに到着!



しかし、danekoはなかなか寝つけなかった。

いつもなら、安心して爆睡するところなのに、


周囲の独特な雰囲気に押されたのか、

ウトウトしては起き、またちょっとしてウトウトする。


どうせ着いたら隔離ホテルに直行よ。

寝てなくたって、予定なんか無いんだから。


まあ、ね。眠くなくても無理はない。日本ならまだ宵の口。

到着時刻の午前8時は、日本の午前5時なのだ。


と、自分を落ち着かせ、

起きて好きな音楽でも聞いていることにした。


いつもはスキップする朝食も、しっかり食べた。

ここ大事(^^)v


もしもロトルアあたりに連れて行かれることになったら、

バスで3時間以上かかるのだ。


チェックインしてご飯が出るまで、

そうとう時間がかかるかもしれない。

食べたくなくっても、朝ごはんは食べておくのだ。


外が明るくなってきて、窓の外に、

初冬のオークランドがかすんで見える。雨かな。


島や半島がたくさん見える。キレイな海の色。


とうとう、帰ってきたんだ。

変わらないオークランドが待っているのだろうか?


いや、その前に、入国手続だ(^_^;)

スムーズに行くことを祈りつつ・・


【しろねこにも応援ポチを】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
フフ、私の親も美猫に違いないワ(*^_^*)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA