ニュージーランド隔離ホテル日記Ⅱの4・NZ入国~ホテルまで

202105 way to nz


エア・ニュージーランド 90便は、オークランドに着陸した。


前回の隔離ではここからホテルまで随分と時間がかかったので、

danekoも今回は覚悟していた。


※ひとつ前の記事をご覧になりたい方は、こちらをどうぞ(^_-)


※今日は撮影禁止エリアのお話なので、画像はイメージです。


周りをラグビー選手とその家族に囲まれてわからなかったけど、

機内のお客の数は、全体では少なかった。


前方席に溜まっていた選手たちを除けば、

30名くらいだったのかもしれない。。。


隔離者専用の通路を行く



2021年5月。

ニュージーランドはオーストラリアの安全地域との間で、

隔離なしの往来を実現している。


豪州ーNZ間の飛行機は、そういうわけで、

「クリーンフライト」となっているのだ。


つまり、豪州とNZの滞在者しか乗れなくて、

乗り継ぎ客などはクリーンフライトには乗れないのだ。


danekoはこれで、

いったん予約できていた便に乗れなくなっていた。


シドニー〜オークランド間のフライトだった。

やっぱ、シドニー経由は鬼門だなあ(^_^;)


で、そういうクリーンフライトの客は、

これまで通りの入国経路を取るのだと思う。


が、danekoたち、日本からの乗客は違う。

両側を高い壁で覆われた狭い通路を歩かされる。


通路の幅は、2人並んで通れない場所もあった。

白い壁なのが救いだけど、

この閉塞感たっぷりの通路をずっと歩いていく。


クリーンフライトじゃない飛行機が到着するのも、

メインロビーから遠いターミナル。


どうやらあの、後から作った遠くのターミナルを、

クリーンでない乗客用に当てているらしかった(-_-)


第一関門



しばらく歩くと、入国エリアみたいなのがあった。

とはいえ、メインの入国エリアとは比べ物にならないくらい小さい。

ブースは3つくらい(^_^;)


前回は、ここにたどり着くまでに、長い列があった。

シドニー経由だったし、

あの時はバウチャーも要らなくて。


入国できるビザさえ持っていれば、

とりあえず飛行機に乗れば良かったのだ。


でも今は、飛行機に乗るまでに色々な準備があって、

しかも隔離は基本有料である($・・)/~~~


そして豪州とNZを行き来する人たちを除けば、

オークランドに到着するフライトも激減りしていた。


なので前回と比べれば、それほど並ぶ必要もなく、

関所の前に立ったのである。


まずは、耳の中に入れる体温計で熱を測られる。

danekoは低体温気味なので、まったく問題ない。


耳の中なので、衛生面は大丈夫かと怪しんだが、

その都度、消毒して拭き上げていた。


パスポートと入国カードを出す。

ふだんと同じ基本的な質問と同時に、


コロナの症状がないかとか、投薬中かとか、

14日以内に陽性者と接触したかとか。聞かれたあと、

あっさりと第一関門を通過。


また、白い壁に囲まれた狭い通路を通って、

他の乗客と一緒に進んでいった。


第2関門



少し歩くと、ちょっと開けたエリアに出た。

右側に、機内預けのスーツケースが流れている。


が、透明な仕切りに隔てられ、そこへ行くことはできない。

ニュージーランド政府も、色々考えたのだろう。



202105 nz quarantine
どうすれば、タスマンバブルの入国者とそうでない、クリーンでない入国者を分けれるか。

このために、様々な工夫が凝らされているようだった。


どうせ、danekoたちはダーティなのよ(~_~メ)

感染多数の日本から来たんだからね。。


と、仕切りの外を眺めているうちに、順番が来た。

ここがどうも、検疫であるらしい。


日本では検疫なんて、あっさりとしたものだが、

ここNZではねちっこい。


農業国だから仕方ないのだが、

荷物やスーツケースに食品類がないかどうか、

口頭ではあるがきちんと申告しなければならないのだ。


とはいえ、生物でなければかなり色々な食品を持ち込める。

機内でもらったチョコやチップス、アメなども捨てる必要はない。


入国カードにちゃんと、申告すればOK。


「食品を持っている」にチェックし、

英語に自信がなければカードに記しておけばいい。


rice とか、sweetsとか、dried seaweed とかね(^^)


書いておくと、質問が短くて済む。

まあ、元々日本人はそれほど疑われてないのもあるけど。



202105 way to nz
いまや、日本パスポートは伝家の宝刀?


でも香港経由で入国したときには大変だったなあ。

あの時は取り調べが異様に厳しかった(^_^;)


でも今回は楽々。

ナマ物を持っていないか、数回念押しで聞かれたあと、

danekoはOKをもらって、次のエリアに向かう。


ホテル隔離行き専用バス・ラウンジができていた



昨年の入国時は、

いろんな方面からの便のお客が混じり合い、

適当に並んで適当にバスに乗り込んだ


しかし、今回はバスを待つエリアができていた。


daneko便のお客さんだけがそこに集まっている。

ラグビー選手たちも、先に着いてワイワイと喋っていた。


彼ら、歩くの早いからね。

どこまでも、元気な人達である。。


目の前に停まっている大型バスがあるが、

それには乗ってはいけないらしい。


どうも、前に到着した便のお客のようだ。

そういえばCAさんが、

CAさん
同じ便の方はできるだけ同じホテルにするようですよ


とdanekoに教えてくれてたな。


しばらく待った。20分以上?


前のバスが行き、新しいバスが来て、

空港スタッフが数名、何やかや確認しているようだ。


気になる行き先は・・



やがて、バスの乗車アナウンスがあった。

danekoも列に並ぶ。


どうせ席はあるだろうし、焦らずとも良い。

隣に知らない人が座るほど、混んでるかな(?_?)


と、その時、

目の前に貼られた一枚の紙切れが目についた。


○○ホテル と書いてある。

う、これは・・・(-_-;)


danekoはこみ上げてくる嫌な予感に戸惑いつつ、

しかし嫌でもバスに向かって歩いていく他はなかった。


続く。。。


【しろねこにポチ、感謝です♡】
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
ホホホ、daneko、ボロいホテルにご滞在かしら(?_?)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA