アルキミスタ 平尾

やってきました。新スペイン料理 アルキミスタ 西鉄平尾駅から、高宮通りを薬院方面へ10分弱・・・

思っていたより遠かった





DSCF0306_convert_20100913223259.jpg

まずはピンチョスの盛り合わせ

前菜です


リクエストしたオリーブの実、3種類ほど入っていて、同行者喜ぶ

danekoはダチョウのフォアグラが気に入って、二人分食べました^^;


鴨でなくっても、なかなかいけます

やっぱフォアグラって、い~な~



ワインはシェフおススメっていうのから、そんなに重くないほうを 

おススメは、赤2種がありましたが、まだ暑いし・・

少しだけ、軽めな方がいいかな~と考えたのです(これが失敗)



テンプラニーリョ100%のクリアンサ

クリアンサとは、樽で0.5年以上、瓶で1.5年以上熟成させたもの(ただし、リオハ産は別枠)

美味しいだろうと、とっても期待しちゃってたのですが、

これがなぜか、ヴァニラ香が強く・・・danekoの好みではなかったのでした





DSCF0307_convert_20100913223321.jpg

ガスパチョ

パプリカが効いています。

スペインから生地を輸入し、お店で焼き上げているパンと、スペイン産オリーブオイルが美味しい^^

オリーブオイルはです。


ボトルワインは同行者に任せ、danekoはグラスの一番高い赤ワインで仕切りなおし

ったって、750円ですよ^^;


このラマンチャの赤、スパイシーさが勝ってはいますが、嫌味はなく、好みです


やった!

ワインの画像なくてごめんなさい。。。

もうこの辺、食べるのに夢中で

海のサラダは、イワシの鮮烈な臭いがするので、同行者にあげました



DSCF0308_convert_20100913223401.jpg

肉料理

イベリコでなくて、国産豚のロースト

ソースが掛かっているのが、スペインぽくないです

ちょい火が通り過ぎてはいますが、まあ、

ソースとの、あっさりしたコンビネーションが楽しめます。

マッシュポテトには、生クリームが入っていると見た


ラマンチャのワインが美味しくて、しかもニューボトルを開けてくれたので、ポイント高いゾ

おかわりします




DSCF0309_convert_20100913223423.jpg

魚料理

オナカがまだ一杯にならなかったので、

ふつうは肉の後に魚でしょうが

真鯛を皮カリカリに、焼いてくれていますよ



というわけで、あとはカフェ・マッキアートのスペイン版を飲んで、満足、満足♪


この辺は、おいしそうな店がたくさんあって、いいなあ。。。


ところで、「アルキミスタ」 という店名が気になっていて、

帰ってちょっと調べてみました。


「錬金術師」  だそうです。  

なんか、魅かれる。。。

danekoはいま金(GOLDよ)の本を読んでいるので、ばっちりタイムリー


他のテーブルのお客さんが、パエリアを食べていました

今度はパエリアを食べようかな♪


アルキミスタ

あのカフェ・デル・キャンディの支店みたいですね

【追記】

2011年 12月で閉店しました

シェフどうしてるのかな。。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA