和田門のカレー♪

 高校時代の友人が、仕事で中国へ行くことになった

2年くらいは北京で仕事をするそうだ。


「ちょうど別件で来福したので、渡航前にランチでも」、ということに


友人は、送別会続きで居酒屋のような所にばかり行っているらしく、

とにかく和食以外というご希望だったので、

danekoのその後の用事に便利な和田門へ。



002+1_20110419095803.jpg
danekoはまずサラダを



001+1_20110419095804.jpg 
友人は、サーモンのオードブル


これは、ハヤシライスのコースです。




003+1_20110419095802.jpg 
コースのスープ




004+1_20110419095802.jpg 
魚料理もあります


 



005+1_20110419095801.jpg 
おまちかね

danekoのカレーライス

レーズン入りバターライスがご自慢




006+1_20110419095801.jpg  
友人の、ハヤシライス


こちらは、バターライスではなく、普通の白ごはん




007+1_20110419095820.jpg 
デザートは、ジンジャーのシャーベット

これは、こちらの定番ですね


和田門、ランチタイムもしっかり楽しい♪

ありそうで、ない洋食処です(^^)v


関連記事

5 件のコメント

  • クラシックで濃厚ですね。かえって銀座の老舗よりすきかも。
    洗面器みたいな銀器でお代わりどうぞと持ってきてくれたので、
    洗面器一杯分完食した記憶があります。
    その日お夕飯食べられませんでした。

  • ぶちょうと行った時には、たしか銀器のご飯をお替りしていたような・・・
    そんな恐ろしい記憶があります^^;

    しかも醤油垂らしてバターライス食べてたし(~_~;)

  • あそこは福神漬けも酒悦の「缶詰」の奴を使っていて、洋食
    のなんたるかが分かっている店です。
    デミグラスソースが濃ゆいのでご飯が大量に要ります。

  • > あそこは福神漬けも酒悦の「缶詰」の奴を使っていて、洋食
    > のなんたるかが分かっている店です。
    > デミグラスソースが濃ゆいのでご飯が大量に要ります。

    そこがまた、タマラナイのでしょうね~♪

    (福神漬け、酒悦でしたか!)

  • 缶詰の福神漬は瓶詰の奴と別物です。醤油の味が練れていて
    実においしいです。
    「洋食」とは西洋の惣菜で如何に御飯を美味しく食べさせるか。
    という料理ジャンルなので、グルタミン酸中毒の日本人は醤
    油の渇望感が生じるのです。
    福神漬は先人達が洋食に出会いながらも醤油への憧憬を絶ち
    きれなかった名残です。
    よく福神漬は日本郵船の客船のレストランにて、チャツネの
    代用として用いたのが起源だとか言われますが、いやいや、
    瑞祢説では醤油への渇望説を掲げます。

    ビバ和田門。いつまでも味を守ってね。出来れば禁煙にしてね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA