別府でアルゲリッチ(^_^)v

001+1_20110526215108.jpg

この日、別府、ビーコンプラザまで聞きに行きました

毎年この時期恒例の、アルゲリッチ音楽祭


マルタ・アルゲリッチ

アルゼンチン人 1941年6月5日生まれ

Marta Argerich 1962年の若く、衝撃的に美しいお姿は。。。









ショパンの英雄ポロネーズを弾く、若き日のマルタ

なんともいえぬ表情と、口の動きが素敵



娘3人

三度の結婚、三度の離婚


月日は流れ。。。



001_20110526215046.jpg

いまは、こんなですが


いい味出しております(^o^)丿

この日も、やさしそうなオーラに満ち溢れておりました





004+1_20110526235805.jpg  danekoの座席は・・・






003+1_20110526235804.jpg  前から3列目

しかも、アルゲリッチが弾いているのがバッチリ見えるアングル



こんなプラチナチケットを、

取ってくださったTさま、心から感謝いたしますm(__)m m(__)m



演目は、こちら


ショパンのピアノ協奏曲 第1番 

動画は、ピアノ演奏から始まる第2楽章をのせました


アルゲリッチのピアノは、

限りなく甘い音色のようでいて

重ったるさの全くない、

上質で完結したデセールのよう


いやもうとにかく、ピアノが喜んじゃってます

彼女に弾かれることが、ピアノであることの喜び、

なんだろうな~



同行者が、

「よくわからんが、とにかく綺麗な音だった」というので、


「どうしたら、あんな音色が出るのかな?」と聞いたら、


生まれつきだろう」と即座に結論を出した


そう、生まれつき(^_^;)

生まれついての才能、  

神さまからのGIFTなのだ



第3楽章

この最後の盛り上がりが、個人的にはいちばん好きかも(^^♪

いやいや、第2楽章あっての、第3楽章の盛り上がり

たまりません


今夜は、幸せな2時間を過ごした




youtubeを貼り付けながら、ついつい演奏に聴き入ってしまうため、

この日の分はブログアップにすごく時間を要した


演目を第1楽章から聴きたいモノ好きな人は、続きを。。。

(クラシック大好きな読者がいるので、張り切って貼り付けています




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA