NZバレンタイン事情

赤バラ

2月14日のバレンタイン・デーの日、


街には、バラを売る人々があふれていた


撮り忘れてしまったのだけど、

中国人らしき女の子が、マッチ売りの少女よろしく、

バケツに入れたバラを抱えて売っていた


そう、ここニュージーランドでは、

バレンタイン・デーは日本とはちょっと違う


オトコは女にバラを送り

オンナは気が向けば男に何かプレゼントする


娘danekoは、女友だちにチョコやキャンディーなどをあげていた。

オトコの子供のことはわからない・・が、

もちろん彼女がいればプレゼントを贈る


しかし、街で売っているバラ売りの少女のバラはたった一本

ラッピングされているとはいえ、

たった一本で、いいのだろうか・・・


もちろん、街の花屋には、予約の花束も多くあった

しかし・・・バラ一本売りの少女が圧倒的に目立つ


ここに、NZ住民の、厳しい懐事情を見る。。。


最低時給は13ドル

(すごくたくさんの人が、最低時給で働く)

残業はないってか、しない


土日祝日は休む

=年間所得、約4万ドル

これは日本の300万円くらいだろうか。。。


これで、物価は日本とほとんど変わらず、

家賃は福岡より高く、東京よりはやや安い程度


ここ数年のインフレ率は毎年5%くらい

定期預金1年物が、利息4.5%くらいだけれど、

税引きされちゃうから、逆ザヤである


これじゃ~生活苦しかろう


うんうん、やっぱ、

バラの花は、1本だよね


それで彼女も奥さんも、大満足・・・?


かどうか、こちらの人に聞いてみようっと。



白バラ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA