Air NZ、機内食進化中!(^^)!

さてさて、何度も往復しているこの路線


日本ーオークランド

この便のビジネスクラスはしかし、B767型機材

シートはベッドにならない しかも、今回は満席だという

しかも、隣は♂

danekoは成田空港のカウンターにわざわざ出向き、

シート・チェックをしたのであった


隣に人がいなければ、まあ快適 なのだが、 今回はどの席も隣りが居る


「女性の隣がいいんですが

とdanekoが言うと


「申し訳ありません。男性のお隣りしかなくて・・」

とのことで、ガックリしていると、


「もし、お席を少しでも広く使いたいということでしたら、日本人男性のお隣にしましょうか?」 と言ってきた 。


いやいや、日本人同士はけっこうキンチョーするものだ。



「いえ、そういうわけでもないんです。むしろガイジンのほうが・・」

しかし、インド人や中近東系よりも、ニュージーランド人がよい

イスラムやヒンズー教徒は、

danekoがワインを飲むのを白い目で見るかもしれないし・・


「そうですか、では、ニュージーランド人の男性のお隣にしましょう」


と、国籍付きで隣の人が決まった


ちなみに、インド、中近東系でないことは、

名前から推察しているのであろう 。


さすが、NZ航空、移民の国である 。



離陸後、しばらくして、




おつまみと白ワイン


今回は珍しく、ソーヴィニヨン・ブラン









メインは、チキンを選んだ。


とはいえ、danekoは最近メインはほとんど食べない。。。


お腹の調子が悪くなるような気がして・・・


ワインはシャルドネにチェンジ


やはり、限りある人生に、ソーヴィニヨンなど微妙








だが、チーズは食べる


これはなかなかいい 以前より、段違いに良くなっている。

まあ、フランス・チーズに比べればまだまだとはいえ。。。


今回は量も適量だし、ピノ・ノワールによく合う



なんだかゴキゲンになって、

そのあと、少し眠る


となりのキウィは、ビジネスのシートでも狭そうだ。


やがて暗かった機内が明るくなり、窓の日除けが開くころ、


朝食タイム






  danekoの定番、

フルーツとヨーグルト


今日はストロベリー・ヨーグルト

これの頻度は高く、人気があるのだろう


周りにも選ぶ人が多い。






エッグ・ベネディクトか。。。


この黄色いソース、恐ろしかったが、

食べてみたらおいしくて、完食した


朝ごはんに卵料理など、どれくらいぶりだろうか・・・

それにしても、NZ航空、以前より食事に力が入っているのでは



食事が終わるとほどなく着陸。

と言っても日本時間では、まだ朝の5時頃



空港について、入国審査、荷物の受け取り、

そして、持ち込む食物について、検査があった。


danekoはインドハーブを持ち込んでいたので、

段ボールを見せろと言われた


しかし、係員はちょっと見ただけでOK



到着ロビーに無事脱出?





そうそう、ATMでおカネおろさなくっちゃ


円安なのが、ホントにつらい

アベノミクスなんか、やだ~


NZドル高におどろきつつ、


またまた、NZ生活の始まりです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA