オークランド旨安ランチ!シティでステーキ&ドリンクが18ドル!

cut 201904 steak 2


本日は、

シティでのキャッチアップ・ランチに最適。

18ドルのステーキランチのご案内〜♬


タイトルには、ドリンク付きになっていますが、

近くのオフィスワーカー専用のサービスでした。。。

なので記事を書き直ししています(2019年6月)

それはホテルのダイニング



スカイタワーの通り、

フェデラル・ストリートを少し下る。


すると左側に、Rydgesというホテルが有る。

昔からある、老舗ブランドだ。


その中のダイニングが、

18ドルでステーキという、

老舗ホテルとしてはお得なディールを出している。


そう聞いて、danekoはちょっと信じられなかった。

肉がちょっと・・なのではないだろうか?

もしくは、量がほんのちょっぴりとか?


しかし、紹介してくれたのは、

日頃から食にこだわる友人だったので、

期待しながら出かけたのであった。


高級感を楽しめるランチ処



エントランスから入ると正面にエレベーター。

ちょっと不思議な作りのホテルであった。


daneko、実はこのRidgesは初訪問。

ドアマンなどはいないし、出入りは多い。


玄関先で、

シンガポール航空のパイロット達とすれ違った。


cut 201904 entrance
レストラン行くアプローチには、ラウンジ。

ここでも、ゆったりと珈琲を飲めそう。

いや、グラスワインでもいいかな(^q^)


などと、今後の利用に期待が走る。

どん欲なdanekoである。


cut 201904 dining room
CUT


広々としたエントランス。

なんという、贅沢な空間の使い方だろう。。。


2019年、シティのほとんどの店が高い家賃にあえぎ、

ひとつでも多くのテーブルを配置しようと苦心している時代に・・


ダイニング・エリアはこの奥だ。

いいですね〜。実はホテルは久しぶり。


フレームグリルのステーキ



あらかじめ、友人が予約を入れてくれてあり、

プレオーダーも済んでいたので、

ステーキはすぐにやって来た。


cut 201904 steak
うっわ~♬♬

これはこれは、立派ではないか!


目玉焼きが乗ってるのも嬉しいな。

付け合せはグリーンサラダとチップス。


十分である(ー_ー)!!


cut 201904 steak 2
こちらは、同行者のお皿。

彼女のはミディアムレア。


danekoはミディアムとミディアムレアの中間というややこしいオーダーをしていたが、OKだった。


が、この店に関しては、

ミディアムレアでミディアムくらいかな?と感じた。


とはいえ、ステーキの焼き加減なんて、テキトーなこの国である。

次回行ったらどうなっているかはわからない。。


気になるお味だが、

フレームグリルで表面をカリッと仕上げてあり、

中は柔らかい。


塩だけで食べれる、いいお肉であった。

スコッチフィレだったかな?


周りにアブラはあったけど、肉自体は赤身。

アブラが気になる方にもOKだと思う。


cut 201904 dining area
落ち着いた空間は、

街のレストランとは一線を画している。


テーブルの間隔も十分過ぎるほど。


ビジネスランチなどにも最適(^^)v

ちょっとお洒落して行きたい食事処だ。


ごちそうさま〜(^_-)


※注)2019年6月、ステーキランチはスコッチフィレからランプ肉に変っていました(T_T)

経費削減の折か。。残念です。


アクセス



The CUT Restaurant & Bar

59 Federal St, Auckland

☎ 09 375 5966





本日の記事、気にいっていただけたら「いいね!」ボタンで応援を♬



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA