daneko、クルーに日本語レッスン(^.^)


ニュージーランドの海は、美しい




さて、danekoが日本へ帰るヒコーキの中で


ニュージーランド人であろうクルーが、

食後の飲み物をサービスしていた。



danekoが紅茶を頼むと、ちょいとたどたどしく、


「ハイ。カシコマリマシタ。」


と、紅茶を注ぎ、


「ギュウニュウ?」


と聞いてくるではないか



danekoはすぐに、


「ああ、誰か日本人に間違った表現を教えられたのだな・・」


と気付き、


「Not ギュウニュウ。 But ミルク」


と教える。



だって、ギュウニュウ?では、このオジサン、

この先ずっと日本人乗客に  と思われながら、


「ギュウニュウ??。。。ああ、ミルクね!」


と笑われるであろう


多少おせっかいでも、無関心よりマシ(?_?)



でっかいカラダのオジサンは、danekoに、


「ギュウニュウではまずいのか(?_?)」


と、英語で聞いてきた。


「間違ってないかもしれないけれど、この場合はミルクかな」


と答えると、


「ああ、Milk でいいんだな」


というので、


「違う違う。 日本語だからね、


Milk じゃなくて、 ミルク、Mi-ru-ku だよ」

本当は、日本語の「る」は ru ですらないんだがと思いつつも、

日本語の「みるく」の発音をおしえた


だって、英語で Milk ってネイティブが言ったとしても、


海外初心者の日本人の耳には聞こえないのだ


それは、日本人の考えるミルクではなく、


みゥK


とでも表記するしかない発音で、


ナチュラル・スピードで 「Some みゥK?」 なんて聞かれ、

外国初心者には、あたかも、


「さmみゥK?」 

なんて単語ないゾ(?_?) ってなことになり、


「え?え?」

とわからない日本人乗客を少なからず見てきたdaneko、



ここでキウィのオジサン・パーサーに、

日本語の正しいミルクの発音をおしえておこうと思ったのだ


「ミ、ル、ク。 ミ、ル、ク。。」


とオジサンはがんばる


そして、

「そうか~。僕に【ギュウニュウ】って教えてくれた人は、Old man だったんだよ。

だから、ちょっと古い言い回しだったんだね!!」


と、あながち100%間違っていないかもしれない考察を残し、

danekoに礼を言って、仕事に戻っていった


いやいや・・・

Old Man じゃなくっても、


もしも、もし、あなたが


「What do you say MILK in Japanese?」


と聞かれたら、どうだろう?


正しい日本語をおしえなくっちゃと思い、


外来語のミルクなんかではなく、


「ギュウニュウ」

と言ってしまうかもしれない


しかし、彼は、機内サービスの時の

「ミルクと砂糖はいかがですか?」

の、場合のミルクについて知りたかったのだ。


だから、この場合、「ギュウニュウ」 はあり得ない


コトバは、【場】でその表現を変える。


一応は日本語教師の資格を持っているdaneko、

ガイジンさんに日本語をちゃんと理解してもらいたいな~

なんて思いつつ、


自分の英語もきっとこんな間違いだらけなんだろうと、ちょっと冷や汗


「ギュウニュウ」 ね。。。


牧場で牛を見て、「Oh! Cows!」 というはずが、

「Oh! Beef!」 と言っちゃうようなものでしょうか(汗)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA