秘密のセラードア・Chard Farm (^^)/

 

ウィリアム夫妻が訪問したレストランに寄り、




もう、ミーハーゴコロは満たしたdaneko、

Amisfieldのレストランの料理は、今回さほどでもなかった


むしろ、ギブストン・ヴァレーの方がクオリティが高いと見た


ううむ、やはり英国王室は、

美味しさなどで食事を選ばないのか。。。(-_-)


さすが食事は××と言われる英国である



そういえば、ニュージーランドが自分の国のことを、

「乳国」 と呼んでくれとか言っているらしいが、


danekoはこれにはちょっと首をかしげる


「羊国」の方がいいんではないか



さて、Chard Farm Winery は、


道路の脇を斜面に沿って登って行ったところにある





思ったよりも大きな建物


この中に、あんまり愛想のよくない女主人?がいた



が、聞けば、彼女は店主ではなく、雇われているのだそうで、


今日は祝日でいい天気なので、

外に出かけられずにがっくりしているのだと


(いや、仕事なんだからしょうがないんじゃないの?)





ぐいっとテイスティング

いや、ビールじゃないんですけどね。。。


こちらはテイスティングは無料だが、

帰るときにいくらかドネーション(寄付)してくれという、

なんか気持ちのいいシステムだ


テイスティングでおカネ取られると、

あんまりいい気分じゃないもんね


(まあ、danekoはたいていワインを買うので、

テイスティングの分はまけてもらっているけど(^_^;)




ちょっと特別なピノ・ノワールを出してくれました。


しかし、今回はピノよりも、白な気分。


この時は、このオバサンの愛想があまりよくないので、


あんまり買う気がしなくって


ゲビュルツトラミネールを一本だけ買いました





外に出ると、別の建物も見えます。


ご自宅??




斜面に沿って広がる葡萄畑


ワイヘキ島などとはまた別の景色だけれど、



やはり葡萄のある風景はいいなあ



さあ、これからは、クロムウェルに出発


クロムウェルはいま、セントラルオタゴの中でも、

danekoが注目しているワイン産地です


もう2~3軒、ワイナリーに寄れるといいな






ほんとうに、掛け値なしに、この美しさ



1分くらいのところで、川のほとりのヒミツのスポットに連れて行ってくれます。

そこまでの道のりが、まるで「千と千尋」の世界


動画は9分もあるので、ハショってくださいね(^_^;)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA