王室ご訪問ワイナリー、Amisfield(^^)

 ロッジを出ると、





柊が



つんつんの、葉っぱ。







本当に、絵にかいたような、クリスマスの木


しかし、NZで柊が咲くのは北半球の夏だから、


なんだか間の抜けた感じ



さあ、レンタカーを出して、

今日は、英国王室御用達?ワイナリーへ。


ランチに行くのだ



昨日バッチリ予約しておいた。






Amisfield




レストランでは、昨日danekoが指定していた席を取っていてくれた


窓際の、2人掛けテーブル。



しかし、しかし、


紫外線が強過ぎる







テイスティングのセットと、




「餃子のようなものだよ」と言われたおすすめ料理



まあまあ、美味しい。





下に敷いてある、とろけたスモークチーズが、


なんだか甘めの赤い液体(ベリー系ソース)の、

ちょうどよいアクセントになっている



daneko的には甘めの仕上がりだが、


ワインと合わせてまあまあ悪くない一皿。








食後、マカロンがサービス。


悪くない、が、




この店は、ハエが多い





一つの椅子に、一匹はハエが止まっているゾ。。。


これで、ウィリアム王子夫妻は本当に大丈夫だったのか


それともその日だけ、ハエの子一匹入らぬようにしていたのか



しかし、この日は祝日



メニューはすべて20%増しとあるではないか



あな恐ろしや


しかも、

「チップはどんどん歓迎よ♪」

てなこと、メニューに書いてある



いやなレストランに来てしまった



庶民のdanekoなど、場違いじゃないか・・・


と、思っていたところ、なんと臨席の4人組、



中国人でもないのに、ワインも頼まずジュースのみ。


しかも、前菜2品とパンのみを4人でシェアという。。。



もちろん、王室御用達ワイナリーのスタッフは、嫌がっていたが、


敵もサルもの、少しでも長く、


この英国王室ゆかりの空間に居座ろうと、


おしゃべりに花が咲く


danekoは残ったワインを片手に、


チップを置いてバルコニーの席に移った(@^^)/~~~





セントラル・オタゴの昼下がり


でも、あんまり遅くならないうちに、もう一軒ワイナリーに行かなくっちゃ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA