ミルクも腐る、ニュージーランド!!!

以前、

 

カレーも腐る、ニュージーランド!!!

 

という記事を書いたが、

今回は、牛乳が腐ってたというお話だ(>_<)(>_<)

 

え?牛乳なんか日が経てば腐るってって??

 

(でも消費期限前で、ヘンな臭いもしなかったのだ)

そう、大した話ではない。。。

 

が、今回の腐れミルクによって、

danekoの失ったものはけっこう大きかった(T_T)

 

失ったものとは、

 

 


砂糖無添加のコーン缶(クリームスタイル)

 

これ、ふつうのの倍くらいはするのに・・・

(でも、安いコーン缶にはしねっと砂糖入ってるんだね)

 

そして、貴重な日本の顆粒コンソメ。。

それらがすべて、腐れミルクによって道連れになり、

 

食べられない物体となって、

あえなくディスポーザー行き(T_T)


ホントに泣きたかった。

牛乳はもう腐ってたのだから損失から抜いて、

 

金銭に換算すれば、たぶん2ドル台くらいの損なので、

大した額ではないのだが、

 

娘danekoが楽しみにしていたスープがおじゃんになったので、

精神的打撃が100ドル分くらい(^_^;)

 

で、本日また、娘danekoのリクエストにより、

再挑戦させられてます。

 

え? 何を作ったのかって?

作ったのはただのコーンスープ。 めっちゃ簡単(^^)v

 

 

材料はこれだけ。

 

コーン缶(クリームスタイル)と牛乳と、コンソメ。

簡単に溶けるので、今回は味の素の顆粒を使ったけど、

 

 

ほんとうは、マギーブイヨンが好き(^o^)

 

でも顆粒は売ってないみたいなんだよね。

あ、マギーの日本製はNZでは手に入らないので、帰国時に買ってきています。

 

で、このスープはどうせムスメがほとんど食べてしまうので、

味の素だっていいのだ、ハハハ~!(^^)!

 

 

コーン缶を空け、中身を鍋に移したら、

空き缶にミルクを入れる、つまりコーンとミルクが同量ってこと。

 

そのミルクも鍋に移し、コンソメを入れて煮込むだけ。

コンソメのパッケージに書いてある量よりはちょっと少なめ。

 

お水でなくて牛乳だからね(^^)

 

 

鍋を火にかけ、沸騰したらできあがり(^^)v

 

・味が足りない人は塩や胡椒を適当に足してね♪

・とろみを足したい人は水溶き片栗粉かなんかでとろみを足し、

・さらっと感が欲しい人は水を足し、

・リッチ感が欲しい人は生クリームを入れるとGOOD。

 

あ、経費削減をめざす人は安いコーン缶と牛乳で節約♪

(意外と砂糖が隠し味になって美味しい)

 

昨日・・ちょっと見わからずに腐れミルクを使った時、

沸騰したらたちまちミルクが分離したのだ(>_<)(>_<)

 

そして、かき玉汁の玉子みたいなミルクの粒粒が・・・

味をみてみたら、後味が苦い。

 

なぜ(?_?)(?_?)

なぜに腐ったミルクが苦味を出していたのか、

 

しかも、まだ消費期限の一日前だ。

ニュージーランドでミルクを買うと、

 

いつも、腐れ魔神に追い立てられてるような気分になる。

(んなもんいるのか?)

 

日本のおいしい牛乳がなつかしいなあ(T_T)

 

【しろねこにぽちっとね♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ワタシがいれば、腐る前にキレイに処理するワヨ(^^♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA