今夜は贅沢!Cocoro で鮨と刺し身とワイン三昧\(^o^)/

ポンソンビーのCocoroに

お腹を空かせて来店


がんばってお昼は軽めに済ませたのだ





まず、宴は泡から


こちらはグラスの泡はシャンパーニュ

しかもボランジェしかないという・・


ワインリストは唸るほど長いのに、

そしてグラスワインの種類も多いのに

泡のグラスは一種だけである


欲をいえば、

ニュージー泡がもう一種欲しいところ

だが、ソムリエのこだわりなのだろう






日本の九州から来たアオリイカのひとくち

キャビアが乗ってます(^^)v


今日のコースはいつもの「刺身と鮨」

やっぱりここではこのコースです





前菜

・ホワイトベイトのお豆腐添え

・NZ産黒トリュフ入り茶碗蒸し

・貝と茸のオリーブオイル炒めスープ仕立て





どれもこれも美味し~い

来るたびに季節の素材や

新しい趣向を感じてうれしい





来たあ~♪

お刺身プレート2人前

・アワビ

・ボタンエビにテナガエビにクレイフィッシュ

・サーモンに大トロにカニ爪

・ジョンドリに鯛にタコそしてアラ

・キングフィッシュにオイスター


全部網羅できてないかも。。。

そのくらい、種類が豊富です





この日のメインは

クレイフィッシュのグラタン仕立て


またクレイのプリプリ感がたまらない

間違いなくお刺身級のものだ。。


もろみ味噌がクレイの味噌と合わさって

しかも表面はキャラメリゼ


danekoはこんなにこってりじゃないのがいいけど

キウィのお客さんたちは大好きだろう


この日、店内には日本人は見当たらない

異文化空間となっていた


あ、スタッフさんはすべて日本人です





そして、にぎり鮨

ここのサーモンアボカド巻きは絶品

マグロも美味しかったなあ。。


お皿も素敵


シアワセの締めくくりは、

もちろんスイーツ





グラニテ

娘danekoのチョイス


美味しかったらしい・・






danekoの味噌アイス

ゆず仕立てでさっぱりと。

味噌バニラは味噌が強くないのでOK


周りのフィロと絡めて食べると

デザート不要派のdanekoでも

さくっと完食できて驚いた






貴重なワインも頂きました

セントラル・オタゴの Sato Wine


シャルドネとピノ・ノワールを頂いて

以前飲んだビンテージを思い出し


ソムリエのヒロさんとひとしきり

ワイン談義


シェフのまことさんも加わって

楽しいひとときでした


今晩もごちそうさま

また来ま~す

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA