スペイン・バルのベロータはスカイシティ傘下でも、お気軽バージョンでオススメ!

20161011 bellota

Bellota

91 Federal Street, Auckland

 

以前から気になっていたお店.

 

イタリア語読みなら「ベロッタ」なのだが

ここでは皆、「ベロータ」と呼んでいる?

 

スペイン語読みだと「ベロータ」なのか・・

 

場所は、スカイシティ・ホテルのグランドフロア

と言っても、入り口は外だ。

 

あのMasuの真向かいですよ(^^)v

 

 

イイね~♩

 

この日は午後6時前にイン! したので空いていて、

 

「どこでもお好きな場所にどうぞー」状態。

ここは予約は取らないので、早い者勝ちだ。

 

 

ガラス越しに通りが見える。

 

ハイチェアの細長テーブルも良かったけど

大テーブルは苦手な娘daneko

 

やっぱりボックスソファ席に座る

タバス・バーなのにこんな居心地イイとは。。

 

 

さあ、最初は泡から。

これはスペインのカヴァです

 

ムスメは、

 

 

サングリア。

 

甘~いお酒が好きならしい(^_^;)

 

 

こんなもの頼むの~??

と呆れられた、パンフライした塩アーモンド。

 

なんのなんの、酒のつまみに、

箸休めならぬフォーク安めにも最適(^^)v

 

 

クロケット  12ドル

チキンとセラーノ・ハムのコロッケ。ブルーチーズ入り。

 

がっつり若者向けながら、お味は悪くない。

 

 

チョリソ・ソーセージとキャラメライズド・オニオン。

 

甘くって、キウィの人たち大好きなんだろうな。

 

上のトッピングは

マスタード・マヨネーズ。

 

これ、6ドルです♩

シェアは難しいけど、お値ごろ~。

 

 

これこれ、

揚げイカのスライダー  5.5ドル。

 

Crispy squid sliders, lettuce, celery aioli

このお値段、嬉し~い♪

 

さて、ここの看板メニューだが、

 

 

タコの、これではなかろうか、と。

grilled octopus, potato, pear and
radish with red mojo picon salsa

18ドル。

 

(メニューなぜ小文字で始まってるんだろう? スペイン風??)

 

以前メトロ誌に写真が載ってたのを見たような気がしたのだが

これは失敗(T_T)

 

単なるタコの柔らかいグリルで面白みも何もなかった。。

 

 

これ、クリスピースクィッドのスライダー。

お替りしました(^_^;)

 

倒れそう。タワーみたい

二人で一つじゃ足りなかったよ~ん。。

 

タコよりも満足感のある5.5ドル。

 

いやー、

スカイシティ財閥サマの店でこのお値段はありえない。

 

Depotや

フェデラル・デリカテッセンより安いゾ(^_-)

 

それでいて、客層はかなり落ち着いていて

(つまり、若者は少ない・・)

店の外も内もおしゃれ

 

danekoのための店みたい??

いやいやいや・・

 

まあ、美食大国ニッポンに

乱立するスペインバルを知る身としては

料理のレベルはめちゃ高くはないけど、

オークランドでこれなら上出来だ!!

 

あ、

久々に、字を大きくしちゃいました。

 

こういう文字修飾は控えようと思っていたのだけど

つい・・

 

ピーター・ゴードン。

なぜにスペイン・バルを始めたのか、

多少疑問に思うけれど

 

まあ、Masuのニック・ワットが

ベトナミーズをやる時代。

 

要するに客が来てもうかれば

なんでもいいのかもね~。。

 

などと思いつつも、

かなり満足したdanekoでした(^o^)

 

 

再来必須!

(こんな中国語ないあるヨ)

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA