ワイヘキ島の新しいワイナリー、タンタラス・エステート。お洒落でした〜(^o^)

waiheke tantalus tasting counter

タンタラス。Tantalus Estate。

 

有名ワイナリー、Stonyridgeのお隣に、

以前からあった葡萄畑を買い取って、2014年オープン。

 

もっとひなびたワイナリーを想像していたが、

いやいやいや・・

 

完璧に想像を裏切られた(^_^;)

 

waiheke tantaras entrance

うわお!

これはワイヘキ島ワイナリーでも屈指のオシャレ感ではないか。。。

 

エレベータもあるので、脚の悪い人も安心です。

 

エレベータ付きのワイナリーなんて、ワイヘキに今まであったかな(?_?)

 

 

エントランス脇の側道だが・・

南ヨーロッパな感じが、ワイヘキ島の陽射しに似合っている(^^)v

 

持ってきたサンドイッチを広げたくなった。

が、もちろんお持込厳禁です(T_T)

 

西オークランドのワイナリーとかなら

ピクニックOKなんだけどなあ。。

 

で、エントランスの脇を見れば・・・

 

 

 

プライベート・ファンクションのエリアが。

 

オープン後2年でちょっと日焼けしてますが、

リゾート感漂う眺めに心はおどる・・

 

素敵なワイナリーである。

 

 

 

入り口を入ったところの、テイスティング・カウンター・

 

光が差し込む明るい空間だ。

薄暗いっぽいカウンターのセラードアも多いから、新鮮。

 

waiheke tantaras restaurant

テイスティング・テーブルからレストランを望む。

奥に見えるのが、アウトドア席。

 

キウィの皆さんが大好きな、紫外線たっぷりの特等席だ。

 

ワイン・テイスティングは2種類で、

danekoたちはPremium Tasting を選んだ。

 

これだと、トップキュヴェもワインも試飲できるのだ♪

ワインはしかし・・お値段高いなあ(^_^;)

 

waiheke tantalus interior

吹き抜けの地下は、Breweryになっている。

 

ガラス張りの空間におカネがたっぷりかかっていそう。。

その資金の回収のため、ワインが高いのだろうか(?_?)

 

スタッフの人の説明によれば、

丁寧にサスティナブルに作られているというが。

1本80ドルもするとなると、デイリーワインの域は軽〜く超えている。

 

レストランで飲むと、最低でもボトル150ドルはするであろう。

 

80ドルねえ・・

80ドル使うならdanekoは・・

 

セントラル・オタゴかマルティンボロのピノ・ノワールを買うなあ。

 

メルロ・ブレンドとか、カベルネ赤とかね、

特に、すごく魅力を感じるわけじゃないから・・

 

waiheke tantalus outdoor seatings

レストラン使いはアリだな(^o^)

すっごくお洒落だもんね。

 

しかし、グラスワインもそれなりのお値段するのだろうけど。

次回はぜひ、ここでランチしてみたいものだ。

 

Master of Wine のBob Cambell が

こちらのワインをすごく気に入ってたそうで、

スタッフさんはとっても嬉しそうであった。。。

 

Master of Wine なら、おカネ要らずに飲めるよねえ(-_-)

 

なんかとっても、

金持ち以外入っちゃダメよ」的なオーラが漂う、

Tantalus Estate なのであった(^_^;)

 

Tantalus Estate

70-72 Onetangi Rd, Waiheke Island, Auckland

 

 

【しろねこにもちょいとポチを♪】

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

danekoなんてお呼びじゃないワヨ(ー_ー)!!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA